*

脳に関する雑学

公開日: : 最終更新日:2023/11/25 脳内出血体験談

これまで自分自身に起こった脳内出血(&小脳梗塞)と、認知症を発症した母親のことについてブログしてきました。

そして今月は、今まで気になっていた脳に関する雑学について書いてみたいと思います。

みなさんも「そうだったの?」と勘違いをしていることもあるかもしれません。

〇人間の脳は10%しか使っていない。

私自身、最近まで「脳は10%しか使っていない」と思っていました(笑)

これは大きな勘違いで、実際は100%脳は使っています。

それどころか私たちが寝ている間も、絶えず脳は働いてます。

※睡眠中の脳は、昼間に溜まってしまった老廃物(いらない情報)を除去しています。

〇地球上でもっとも大きな脳を持っているのは人間。

残念ながらこれも勘違いで、最大の脳を持っているのはマッコウクジラなんです。

その大きさ(脳の容量)は、人間の5倍あります。

※ちなみにマッコウクジラはその脳のおかげで、大半の哺乳類より頭が良いと言われています。

例えばマッコウクジラはコミュニケーション能力が非常に優れていることもわかっています。

それと訓練をすれば鏡を見て自己認識ができるだけでなく、海中の機雷や行方不明者を探すこともできると言われています。

〇幼少からクラシックを聴かせて育てると、頭の良い子どもに育つ。

これも私は信じていて、子どもの胎教としてベートーベンやシューベルトを聴かせていました(苦笑)

※実際に子どものIQは高くありません(いたって普通)。

でもですよ…音楽でもスポーツでも幼少の頃から始めるとうまくなると思うんですよね!?!(今でも信用しきれていない自分がいます)

〇脳自体に痛みを感じることはない。

これは本当のことで、私自身も知っていました。

例えば脳の手術をする時に全身麻酔をしますが、脳自体は麻酔なしで手術をしても(メスで切っても)痛みは感じないといいます。

ちなみに頭痛はどうなんだろう?!?という疑問が…。

頭痛を発症すると、脳の中で脈を打っているように感じるじゃないですか?

この脈を打っているように感じるのは「筋肉の緊張・副鼻腔の問題・血管の狭窄」などが原因で、脳以外であることがほとんどです。

〇脳の有益な行動の1つに「忘れやすい」ことが挙げられる。

この「忘れやすい」という脳の構造は、まったく知りませんでした。

実は脳には、「記憶したことを忘れるメカニズム」が備わっています。

例えば取るに足りない情報を仕入れたとしたら、そんな情報のために脳の貴重な保存スペースを無駄遣いさせないようにすることが、脳に組み込まれています。

※確かに絶対に忘れてはいけないことは、しっかり覚えていますね!

今回はちょっとした脳の雑学について説明しました。

また何かの機会があったら、脳の計り知れない機能について触れてみたいと思います。

関連記事

no image

小脳の脳梗塞を発症

2021年8月30日…小脳の脳梗塞を発症してしまいました。   はじめて脳内出

記事を読む

no image

コロナ感染症が脳を犯している?!?(アルツハイマー病)

母親が入所している施設は今、大変な状況になっています。 もちろん施設で母親たちの面倒をみてくれ

記事を読む

no image

MRIの結果が出ました!

1年に一度のMRIの検診の結果が出ました。 すぐに結果発表といきたいところですが、まずは「MR

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。 実際、私も「あれ

記事を読む

no image

アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメリカの製薬会社「バイオジェン」

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。 そう

記事を読む

no image

退院後、3ヵ月目のMRIの結果

4月25日、済生会病院で脳動脈瘤のMRIの検査結果がわかりました。 診察室に入る前、どうしても

記事を読む

no image

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
漢方薬の睡眠剤と睡眠を促進する薬について

施設に入所している母は、今年で90歳になります。 気付いたら施設

no image
MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、

no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう
PAGE TOP ↑