*

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

公開日: : 未分類

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。
健常者からみると、「それがリハビリ?」と思うかもしれません。
しかし考えてみてください。
2~3週間、ただひたすら寝ているだけだった私にとって、その20~30分間座り続けることができないのです。
何故なら座っている最中、自然と身体が麻痺側に寄りかかってしまうのです。
(※片麻痺のため座る行為に対しても、上手にバランスを取ることができない。)
もちろん、意識が朦朧となって寝てしまいそうにもなりました。
その時はベッドから落ちそうになるのですが、そこは看護師さんの見回り対象となっていたので助かっていました。
そして座り続けることができるようになれば、次のリハビリは自分の両足でゆっくり歩くことでした(=目標)。
初めは3点杖で確実に1歩1歩~それに慣れてくれば、普通の杖を使って歩く練習を始めます。
たったこれだけのリハビリですが、2ヶ月程度時間を要した記憶があります。
あとは個々によって、違ってきます。
私の場合、右腕がくの字に曲がってしまっているため、半ばリハビリをあきらめていました。
だから不細工でも構わないから「歩く」というリハビリに執着しました。
このリハビリが良かったのか悪かったのかわかりませんが~1つ言えることとして、歩くことに関しては他の障害者の方より早く歩けたような気がします。
そして今でも1日40~50分、散歩と称してリハビリを行っています。
ちなみに、歩くことは本当に凄いと思います。
何故なら病気等々で4~5日歩かなければ、脚が動かなくなるような錯覚に陥るからです。
(※実際に脚が上がりきらずふらつきます。)
とにかく「脚を上げるぞ!」と自問自答しながら歩かないと、ちょっとしたモノにでもすぐにつまづいてしまうのです。
だから、この自問自答は15年経った今でもしています。
当然、いろいろなリハビリ法があると思います。
私自身も経験しています。
しかし最高のリハビリ法は「歩くこと」だと信じています。

関連記事

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑