*

脳に関する不思議な雑学

公開日: : 未分類

身体の中でもっとも重要なパーツといえば「脳」だと思います。

その脳はまだまだ解明されていないことが多く、実際に機能している脳は10%にも満たないと言われています。

そこで今回は、脳に関する不思議な雑学について触れてみたいと思います。

〇脳を走り回る神経インパルスの速度

小さな脳の中で伝達信号を送り続ける神経インパルス、その速度は時速273kmに相当するスピードらしい。

※新幹線の速さとどっこいどっこい。

例えば私がタンスの角に小指をぶつけたとします。

この状態は小指から脳に「痛み」が伝わり、「痛いっ」という言葉になって口から反応します。

そのスピードが273km!!!

このように私たちの身体は、瞬時に痛みを感じたり反応したりしているのです。

〇脳は電球と同じ電圧で動いている。
よく私たちは、「頭を使えばダイエットになる」という言葉を耳にします。

上記に明記したことを証明することが、「脳が電圧=10ワット」で動いていることを意味しているのです。

正直、脳が機能するのに10ワットも労力を使っているなんて、私は想像だにしていませんでした。

〇脳は痛みを感じない。
例えば私は指を挟んだり切ったり火傷をしたら、「痛い」と脳が感じると思っていました。

しかしそれは大きな間違いで、脳が痛みを感じることはありません。

何故なら、脳自体が痛覚受容器を持っていないからです。

しかし脳は痛みを感じないと言いましたが、まったく痛みを感じないわけではありません。

例えば頭に怪我をした場合は痛みを感じます。

というのも、脳は細胞組織や神経・血管などに囲まれているからです。

〇脳の大半は水である。

ピンク色でゼリー状の脳細胞を触ってみるとぐにゃぐにゃしていて、成分は驚くことに約80%が水分でできるそうです。

汗をかいたり軽度の脱水症状になったりした場合、脳に水分を補給するためにも水分を摂取する必要があります。

〇脳は夜に活発に動いている。

私たちは日中に身体を動かしています。

そして日中に身体を動かしているから、脳も日中に動いていると思っていました。

実は脳は夜寝ている時の方が活発に動いているのです。

ではどうして日中身体が動いているのに脳はあまり動いていないのか?!?

残念ながら、まだ原因については研究中で分かっていないようです。

脳の働きについて少しだけ触れてみました。

そして脳には、さらに奥深い機能があるのです。

今現在生存している私たちの世代に、脳の解明が100%できればと思っています。
※多分、無理だとは思いますが。

関連記事

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。 もちろんその時は意識不明で

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑