*

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

公開日: : 未分類

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。
いったい高次脳機能障害とは、どのような障害なのでしょうか。
脳血管障害によって発症する後遺症には、片麻痺といった運動障害などがあり、そうした障害は多くの人が知っていると思います。
そうした障害はある意味、健常者でも理解できる障害だと思います。
しかし、高次脳機能障害は健常者には理解しにくい後遺症なのです。
何故なら一見しただけでは、「どこが障害なのか。」まったくわからないからです。
高次脳機能障害とは、人が人として生きていくために必要な機能が障害に合うことをいいます。
例えば 「記憶障害/注意障害/遂行機能障害/社会的行動障害/半側空間無視障害」等々が高次脳機能障害にあたります。
○記憶障害~事故や病気を発症する前に経験していたことが思い出せない/新しい情報が覚えられないといった障害。
○注意障害~周囲からの刺激に対して上手に反応することができなくなる障害(=気が散り、1つのことに集中することができない/エレベータの扉に気が付かない等々)。
○遂行機能障害~論理的に物事を考えることができない障害(=解決&分析)。
○社会的行動障害~感情のコントロールが上手にできなくなる障害(=お金を使い過ぎる/食べ過ぎる)。
○半側空間無視障害~左右どちらかの情景が見えないのではなく、見えているにも拘わらずその半分の情景を認識することができない障害。
実は、私も半側空間無視障害を発症していました。
例えば食事が並べられているのに、半分しか食べないこともありました(=認識できない)。
しかしさまざまなリハビリによって、約1年後には半側空間無視障害を改善することができました(=さまざまな刺激を与え続ける)。
このように高次脳機能障害は自分自身しかわからない症状だけに、非常に辛い障害でもあるわけです。
ちなみに高次脳機能障害を発症した本人が辛いこともわかりますが、もしかすると本人より周りの家族の方が辛い場合もあります。
何故なら目に見えない障害に苦しむ本人を、フォローし続けなければならないからです。

関連記事

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

no image
脳に関する不思議な雑学

身体の中でもっとも重要なパーツといえば「脳」だと思います。 その

no image
健康な人にも起こり得る脳腫瘍

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました

no image
認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出てい

no image
脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑