*

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

公開日: : 未分類

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(=身体障害者手帳)。
しかし誰がみても明らかな身体的後遺症を発症していたとしても、すぐに身体障害者手帳を受けられるわけではありません。
当然のことですが、医師によって後遺症による麻痺の状況をチェックしてもらい、その審査が通れば身体障害者手帳を受けることができるのです。
○申請方法…
発症してから6ヶ月以降、医師の診断書と共に居住地の福祉事務所に申請します。
(※ちなみに医師によって麻痺の状態が固定化されていると判断された場合、6ヶ月以内でも診断書の申請を行うことができます。)
そして申請が受理されれば身体障害手帳が交付され、それによってさまざまな公的サービスが受けられるようになります。
・車いすや装具を購入する時の費用の助成。
・旅客運賃の割引(=半額)。
(※私は身体障害者手帳2級ですが、同伴者がいれば半額/1人ならば通常料金(電車)…これに関しては納得がいきません。)
また、身体障害者手帳と同じようなシステムとして介護保険サービスがあります。
身体障害者手帳と介護保険サービスの違いは、身体障害者手帳は40歳未満の人でも交付されますが、介護保険サービスは40歳以上の人しか受けられないことにあります。
(※40歳以上の方であれば、認定基準に当てはまれば両方を利用することできます。その場合の優先順位として、「介護保険サービス/身体障害者手帳」となります。)
最後に障害年金を受給するには、3つの要件を満たしていなければなりません。
・初診日が、国民年金あるいは厚生年金の被保険者であること。
・一定量の年金の滞納がないこと。
・障害認定日における障害の程度が1級、もしくは2級であること。
(※私は身体障害者2級で、すべての要件を満たしているので障害年金を受給しています。)

関連記事

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑