*

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

公開日: : 未分類

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(=身体障害者手帳)。
しかし誰がみても明らかな身体的後遺症を発症していたとしても、すぐに身体障害者手帳を受けられるわけではありません。
当然のことですが、医師によって後遺症による麻痺の状況をチェックしてもらい、その審査が通れば身体障害者手帳を受けることができるのです。
○申請方法…
発症してから6ヶ月以降、医師の診断書と共に居住地の福祉事務所に申請します。
(※ちなみに医師によって麻痺の状態が固定化されていると判断された場合、6ヶ月以内でも診断書の申請を行うことができます。)
そして申請が受理されれば身体障害手帳が交付され、それによってさまざまな公的サービスが受けられるようになります。
・車いすや装具を購入する時の費用の助成。
・旅客運賃の割引(=半額)。
(※私は身体障害者手帳2級ですが、同伴者がいれば半額/1人ならば通常料金(電車)…これに関しては納得がいきません。)
また、身体障害者手帳と同じようなシステムとして介護保険サービスがあります。
身体障害者手帳と介護保険サービスの違いは、身体障害者手帳は40歳未満の人でも交付されますが、介護保険サービスは40歳以上の人しか受けられないことにあります。
(※40歳以上の方であれば、認定基準に当てはまれば両方を利用することできます。その場合の優先順位として、「介護保険サービス/身体障害者手帳」となります。)
最後に障害年金を受給するには、3つの要件を満たしていなければなりません。
・初診日が、国民年金あるいは厚生年金の被保険者であること。
・一定量の年金の滞納がないこと。
・障害認定日における障害の程度が1級、もしくは2級であること。
(※私は身体障害者2級で、すべての要件を満たしているので障害年金を受給しています。)

関連記事

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑