*

障害者に交付される障害者手帳について

公開日: : 未分類

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳を交付されます。
(※私の場合、大阪府から身体障害者手帳2級が交付されています。)
というのも障害者手帳は国から交付されているわけではなく、自分が住んでいる住所地の市町村役場に手続きをして、初めて障害者手帳の交付を受ける必要があるからです。
そして正式に障害者手帳が交付されると、さまざまな公的サービスを受けることができます。
しかし公的サービスは各地方自治体の基準によって定められているため、その地域によって公的サービスが違うのです。
仮にAという地域で障害者手帳を交付されBという地域に引越した場合、必ず転居先で届出・更新手続きをしなければなりません。
そして障害者手帳は、私のような身体障害者手帳の他に「精神障害者保健福祉手帳/療育手帳(=愛の手帳)」があります。
○精神障害者保健福祉手帳…
精神障害者保健福祉手帳とは、精神障害者の方に対して社会復帰をサポートするための手帳です。
そして私の持つ身体障害者手帳と違って、写真や病名は明記されていません。
また身体障害者手帳の等級は1~6段階に分類されていますが、精神障害者保健福祉手帳の等級は1~3段階となっています。
(※ちなみに私の友人はうつ病で、精神障害者保健福祉手帳を交付されています。)
○療育手帳…
療育手帳は、18歳未満の知的障害者に対してサポートしている手帳です。
そして療育手帳は現況の法律に基づくと18歳未満となっていますが、18歳以上になっても交付されるべきではないかといった疑問が論じられ続けています。
このように障害者手帳は、個々に独立して成立しているのです。
(※ちなみにこれとは別に「障害者福祉制度」もあるのですが、身体障害者手帳を交付されると障害者福祉制度が適用(併用)されないという事実があることも加えておきます。)

関連記事

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑