*

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

公開日: : 未分類

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。

そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下がり始めます。

実はその季節になると、血管事故(脳梗塞・脳内出血・心筋梗塞)が増加する傾向にあるのです。

しかもこうした血管事故の発症はシニア世代だけと思われていますが、30~40代の男女にも増え始めているのです。

ということでこの項では、秋口に気を付けなければいけない血管事故について考えてみたいと思います。

血管事故の場合、一番最初に考えられる事故は動脈硬化です。

例えば「加齢・運動不足・喫煙・偏った食生活」などによる不規則な生活習慣が続くと、血管内の壁にコレステロールなどの脂質が蓄積し、粥状の塊「プラーク」が形成されていきます。

そして、そのプラークが最初に動脈硬化を引き起こす危険性が高くなるのです。

また動脈硬化が進行すると、「血管内が狭くなる→血流が鈍くなる→血栓が発生」しやすくなります(血栓=血の塊)。

するとこの血栓が冠動脈で詰まってしまうと心筋梗塞を発症し、脳動脈で詰まってしまうと脳梗塞や脳内出血を発症することになるのです。

※ちなみに血管内にプラークができ血管壁がもろくなってしまうと、大動脈瘤破裂を発症する危険性もあります。

ここに、厚生労働省が発表した「平成28年人口動態調査・急性心筋梗塞による死亡数」が発表されています。

「10月の死亡者数は2,847人/11月は2,939人/12月は3,601人/1月は4,118人」と増え続け、2月以降は(夏に向けて)減少傾向にあります。

もちろんこうした死亡者数の原因は、気温の低下だけではありません。

夏の過ごし方にも関係があると言われているのです。

というのも夏の猛暑になると、のどごしのいい麺類やビールを飲む機会が増えてきます。

すると必然的に塩分や糖質の摂取量が増えてしまい、結果的に血圧や血糖値の上昇を引き起こしてしまうのです。

さらに上記に明記した夏を過ごして秋を迎えてしまうと、「寒暖の差が激しくなる/急に運動を始める(スポーツの秋)」などで血管事故を招く危険性が高くなっていくのです。

では私たちはそうした秋口に発症する血管事故に対して、どのように備えていけば良いのでしょうか。

〇少しずつでもいいので運動する習慣を身に付ける。

〇コレステロール値や動物性脂肪の少ない植物性原料を摂取するようにする。

夏から秋口になると、すべてのことが一気に変わろうとします。

その時にしなければいけないことは、上記に明記したことなのです。

関連記事

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

no image
脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけが

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑