*

障害者の仕事と収入を考えてみる

公開日: : 未分類

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常者の違い)。
そうした部分の中でももっともきつかったことは、収入面(仕事)です。
例えば健常者であれば5~600万円の年収がありますが、障害者になってしまうとガクンと落ち込みます。
何故なら…
○障害によって身体が不自由になれば、会社に存在すること自体いたたまれなく~結局、会社都合で退職してしまうからです。
○国から障害者年金を支給されることになりますが、その年収は100万円もありません。
私の場合(障害者手帳2級)、まさにこの状態でした。
さらにいうならば、私は今流行のユーキャンで医療事務の資格を取得し、それを武器にいろいろな会社へアプローチをかけました(=アルバイト契約)。
それでさえものの見事に全滅~これによって、私はさらに人生の岐路に立たされたといっても過言ではありませんでした。
私も男の端くれ~ある意味、仕事も生き甲斐の1つにしていましたから、何もできない状況に陥った時、本当に自殺も考えたほどです(=自暴自棄)。
社会全般と障害者の関係を考えてみた時、「企業は~%の障害者雇用をする義務がある。」ともいわれています。
しかし、実際は違います。
(※個々の能力や障害の状態などで、企業側してみると雇用したくても雇用できないというのが言い分です。)
そして、毎年のように言われていることもあります。
「障害のある人が企業の環境の中で、一緒にやりがいを持って長年働いていける環境作りを目指していきたい。」と…。
(※目指す方向性は間違っていませんが、絶対に無理だと思います。)
私は本当にたまたま、インターネットをする環境が整っていて~そしてネット副業という仕事を見つけることができました。
時間は掛かりましたが、現況を考えれば~まだ、私はラッキーな方だと思います。
何故ならネット副業を見つけたことで、仕事や収入面に関しても一生懸命取り組むことができるようになったからです。

関連記事

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出血などによって身体に障害を発症

記事を読む

no image

脳血管障害に欠かすことができない画像診断~CTスキャン~

脳血管障害の有無をチェックする場合、必ず行われるのは画像診断(CTスキャン)です。 CTスキャンは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑