*

仕事に復帰できると信じていた…

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。

それは、一向に動かない右手右足のことです。

例えば足であれば膝関節、腕であれば肩関節だけは動かすことができたのですが、指先といった細かい動作はまったく動かすことができなかったからです。

しかし、そうした状態を誰にも相談することはできませんでした。

何故なら、自分自身の中で無意識に最悪の状態を考えていたからだと思います。

とにかく私の中では、
「いずれリハビリをすることによって、身体が動くようになる。そうすれば社会復帰ができる。」と考えていたのは事実でした。

それと妙な話ですが、同僚が誰一人お見舞いに来ないのも不思議な感じがしていました。

それには理由がありました。

あとから妻に聞いた話ですが、「まだ表情を見せる状態でなかったこと/ろれつも回ってなかったこと」等々が理由でお見舞いを断っていたそうです。

それよりなにより…妻は、私がICU(集中治療室)にいる間、医師に「ご主人は右片麻痺で、言葉も話せず一生寝たきりの可能性があります。」と宣告を受けていたのです。

そして、わかっていたと思うのです。
「社会復帰はできなくて、会社も会社都合によって退職することになるだろう。」と…。

私は意識が明確になるにつれて、なんとか身体を動かすことができないか、必死に努力しました。

しかし動かそうとすればするほど各関節に力が入り(硬直)、さらに動かくなるような感じがしていました。

だけど、私にできることはそれぐらいしかなかったのです。

当時の私にとって、仕事に復帰できると信じることだけが自分の気力を支えていたのです。

その気力をすべて無にさせる事件が起こったのは、入院して14日後のことでした(リハビリ担当医の宣告)。

関連記事

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

アフィリエイター様を募集致します。

現在、私が販売させていただいてる、ネット副業で稼ぐ方法の情報商材を紹介していただける方を 募集いたし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑