*

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

公開日: : 未分類

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。
そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療法があればと思う時もあります。
その最新治療法とは、「rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法」です。
rt-PA静注療法…簡単にいえば、脳内血管にできた血栓(血の塊)を溶かしてしまう薬なのです。
脳内にできてしまった血栓を放置してしまうと、血栓部分より先に血液が行き渡らなくなり、その結果として神経細胞が壊死してしまいます。
当然のことですが神経細胞が壊死してしまえば、何かしらの麻痺を生じることになります(片麻痺や言語障害)。
そこで登場したのがrt-PA静注療法です。
rt-PA静注療法は、血栓によって詰まってしまった血管を短時間で溶かしてしまい…脳血管障害から私たちの身体を救うことができるのです。
しかしrt-PA静注療法には、制限(副作用)があるのも事実です。
それは、「発症3時間以内に投与しなければならない。」ことです(2005年時点)。
例えば脳血管障害らしき症状を発症した時、「診察/画像診断(レントゲンやMRI)/血液検査」などをしなければなりません。
そうした時間を考慮すれば、実質2.5時間以内に病院へ行く必要があるのです。
(ちなみに2012年9月には、「発症4.5時間以内」まで使用可能とはなっています。)
またそうした時間的に制限をクリアしたとしても、すべての方に対してrt-PA静注療法が効力を発揮するわけではありません。
つまりrt-PA静注療法を投与したにも拘わらず、血栓が溶けず脳血管障害を発症する場合もあるということです。
(ちなみに血栓は溶けなかったとしても、副作用が軽減される方がほとんどです。)
脳血管障害には、ある言葉が使われます。
「病院に着くのが5分遅れれば、治療できる可能性が5%減る。」と…。
これほど時間との勝負を有する病気もないと思います。
もし私が倒れた時にrt-PA静注療法があれば…時間的には昼前だったので、十分チャンスはあったかもしれません。
過去を振り返っても仕方ありませんが、脳血管障害に対する最新治療法をチェックすればするほど、自分自身をその状況に当てはめてしまう弱さが今でもでてきてしまいます。

関連記事

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑