*

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

公開日: : 未分類

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います。
脳血管障害の主な治療方法の1つとして、カテーテル治療(血管内治療)があります。
(私もしています。)
脳内に流れる血流は、4本の血管を経由しています(=左右の頸動脈/椎骨動脈、合計4本)。
この4本の血管(血流)が、脳内全体を包み込むように張り巡らせているのです。
一昔前であれば、開頭手術をすることが脳血管障害のメイン治療法でもありました。
もちろんほとんどの開頭手術は脳内にダメージを与えることはありませんでしたが、治療する部分が脳内表面でなく脳内深層部の治療をする場合、脳内だけでなく神経組織へダメージを与える可能性が含まれていました。
神経組織にダメージを与えるということは、身体の一部に麻痺を発症させることを意味します。
そうしたダメージを回避するために考案されたのが、カテーテル治療です(1970年代以降)。
○カテーテル治療…
通常は、足の付け根の動脈(大腿動脈)から直径2mm程度のカテーテル(=ガイディングカテーテル)を挿入していきます
まず血管内に造影剤を投与し、レントゲンによって血管の流れを透視します。
レントゲンに透視された画面を診ながら、脳内の治療部分手前までカテーテルを持っていきます。
そしてカテーテルの中から直径0.5mm程度の「マイクロカテーテル」を誘導→治療部分をまで到達させ治療に当たります。
こうしたカテーテル治療の進歩によって、脳血管障害の治療法は目覚ましく進歩しました。
(患者さんの肉体的負担を軽減することはいうまでもなく、費用対効果の高さもカテーテル治療の強みでもあります。)
欧米諸国では早くから脳血管障害の第一線の治療法として認可されていましたが、現在では日本においても(1990年代)、ようやくカテーテル治療が認可されてきました。
安全性と有効性を兼ね備えたカテーテル治療の確立によって、開頭手術が激減したと考えて間違いはありません。
ちなみに2014年10月に脳血管障害で入院された磯野貴理子さんは、カテーテル治療によってたった2ヶ月で復帰されました。
これも、カテーテル治療の成せる技術だと思います。
(もちろん、早期発見された旦那さんあってのことです。)

関連記事

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

no image
脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら

no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑