*

HP作成~そして現実を直視~

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。
「○○文字程度ならあなたの自由な発想のもと、10~15分でライティングできると思います。ですから時間給○○円になります。多くの方のご応募をお待ちしています。」

これは業務発注者の都合のよい文言で…そのライティング業務を請け負った人にとって、どんな言葉であってもそんなに簡単にできるものではないからです。

何故ならたかが300文字のライティングだといっても、5分や10分で書けることはないからです。

キーワードに対して自分の知識が合っているかどうか、それをインターネットで検索するだけでも10分程度の時間を要する…それが現実なのです。

それ故、ライティング業務には時間を要す…そして、想像以上に副業収入が得ることができないのです。

私は自分の副業収入を考えた時…つまり家族の家計のために「ライティング業務」だけではどうしようもないと思い、ホームページ作成業務を考えたのです。

確かに、今では誰でも簡単にホームページを作成できるようなソフトも出ています。

私は「どうせなら言語からきちんと学びたい。」と思い、基礎(参考書)から始めました。

そして勉強期間を6ヶ月と定め、ライティング業務と併用しながら独学でマスターしました。
「さぁ、これからが本番だ!」

しかし、私のもくろみは見事までに崩れました。

どれだけ応募しても、まったく業務依頼を受けることはなかったからです。
(※もちろん何の実績もない私だったので、映画と健康に関するホームページを作成して添付もし続けました。)

まぁ一言でいえば、ホームページ作成の才能がなかったんだと思います。

結局、ホームページ作成業務を断念した私は、日々の副業収入を「ライティング業務+東京の企業様のSEO対策業務」に負うことになっていました。

当然、データ入力で収入を得ていた時代とは雲泥の差です。

よくまわりの人からは、こういう風に言われます。
「医師から動くことも話すこともできないと言われた状態を考えれば、それをクリアできて、しかも副業として収入を得ているわけだから大したもんだ。」と…。

しかし、私は男です。

しかも家族もいて…妻の収入を頼らなければ生活できない…男としてのちっちゃなプライドが、いつも頭を困惑させていました。

現実を直視できるお金が…もっと家族が楽な生活が過ごせるような副業がしたい…いつしか、私はそのことばかりを考えるようになっていました。

関連記事

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むよう

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑