*

人生観を変えたリハビリ病院

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。

そのリハビリ専門病院の患者のほどんどが、脳血管障害を含んだ様々な麻痺を抱えていました。
(※私を含め、100人以上の患者が入院していました。)

基本的に午前中・午後と2回のリハビリがメインでした。

そしてそのリハビリに尽力を尽くしてくれたのが、作業療法士と理学療法士です。

彼ら(彼女ら)は麻痺した側の身体を入念にチェックしながら、より軽く身体が動かせるようにいざなってくれます。

リハビリのその瞬間瞬間に、「麻痺した手が少し動いた!」…もちろん一瞬の出来事で…リハビリが終わると、そうした動きを見ることはできなくなります。

それでも患者全員が、一生懸命リハビリに頑張っているのです。

本当にいろいろな患者がいました。

私の症状は、右片麻痺で右手は硬直傾向にありましたが、不細工な格好でも歩くことができました。
(※奇跡的に、言語障害は治っていました。)

そして私は39歳ということもあり、患者の中では若い方でした。
(※私と同世代の患者は、10数名いたと思います。中には20歳代の患者もいました。)

そしてもちろん私より麻痺の症状が軽い患者もいましたが…それより何よりも、私より重い麻痺患者が精いっぱいリハビリに励んでいるのです。

患者は自分自身の現状を客観的に捉え、このリハビリ専門病院で「何かを変えよう!」としていました。

事実、このリハビリ専門病院に入院するまで自暴自棄になっていた私の心にも、変化が生まれてきました。
「みんな文句も言わず、それどころか楽しそうにリハビリに励んでいる。」
「いろいろな患者のいきさつ…それぞれが抱えている悩みを少しでもクリアにしようと頑張っている。」

リハビリ専門病院で過ごした3ヶ月間がなければ、今の私はなかったと自負しています。

それだけ得るものが多い入院期間だったのです。

最後に、すごく親しくなった50歳代の男性の話を…。

彼は右片麻痺で、言語障害で苦しんでいました。

言葉をうまく話せないことがどんなに辛いことか…自分の意思表示さえもままならないからです。

そうした症状で悩んでいる彼の元、私は何とか意思表示がわかるまでになりました。

そして退院後も定期的に会っていましたが、ある時彼の奥さんから電話があり、「昨日、息をひきとりました」と…。

結局、様々な麻痺に負けてしまい…そしてお酒に溺れてしまっていたそうです。

私はその時、こう思いました。
「このまま死んでしまったら、自分の人生は負けで終わってしまう。絶対に私は負けない!」

関連記事

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑