*

もし脳血管障害を発症し後遺症が残ったら…

公開日: : 脳内出血体験談

1年前から週2回、リハビリ施設に通っています。

そのリハビリ施設は年配者が多く初めて会う時、必ず私の右片半身まひをみてこう尋ねてきます。

「身体の半分は使えないの?本当に大変だね」。

私は脳内出血を発症して20年以上経っているので、「大丈夫ですよ。もう慣れたし怖いことないですよ」と、笑いながら応えています。

でも本当はすごく大変なんですよね。

そこで今回は自分や家族が脳内出血(脳梗塞)で倒れ障がいが残ってしまったら、いったどのようなリスクが起こるのかについて話してみたいと思います。

〇一人暮らしができなくなる(家族の手助けが必要)。

身体まひを発症したことで、今まで当たり前のようにできていたことができなくなり、生活様式が一変する可能性があります。

例えば日々の食事や掃除が困難になってきたり…。

※仮に地元を離れ遠方に住んでいたとしたら、その地域に駆けつけるだけでも難しいことも…。)

〇今までの収支バランスが大きく崩れてしまい、家計を圧迫する。

脳内出血という大きな病気を発症してしまうと、相当の治療費がかかってしまいます。

それだけでなく住宅ローンだったり子どもの教育費だったり…とにかく月々の収支に大きなダメージを与えてしまいます。

※ちなみに私は会社を辞めざるを得なくなり、両親からの援助をしてもらっていました(約3年間)。

〇身体まひや言語障害といった大きな後遺症が残ってしまう可能性がある。

脳内出血のまひは、身体だけと思っている人もいるかもしれません。

というのも中には身体まひに加え、言語障害を発症するケースもあるからです。

そしてもしかしたら、言語障害がもっともキツイ麻痺かもしれません。

言葉が話せないということは、意思の疎通ができないことを意味します(身体まひ以上にストレスが溜まると思います)。

もちろんこういったまひになったとしても、努力で克服することもできるかもしれませんが…どちらにしても自分自身&家族の負担が尋常じゃないくらい大きいと思います。

〇脳内出血をしても職場に復帰はできる!?!

心配事といえば、やはり今まで通り会社で働くことができるか!と言うことです。

大企業や福祉関係に充実した会社なら、大丈夫かもしれません(給料は下がると思いますが)。

しかし大半の中小企業は、退職をせざるを得なくなる状況になると思います(電車通勤が難しい/今のようにテレワークが主流になっていれば別かもしれません)。

それとネット環境が充実している現在、「転職エージェントdodaチャレンジ」というサイトが患者に夢を与えてくれているかもしれません。

一般的な転職サイトに登録しても、実際は紹介してもらえないのが実情ですが、

「転職エージェントdodaチャレンジ」は障がい雇用に特化した転職サイトで、さまざまなサポートをしてもらうことができるからです。

 

関連記事

no image

コロナ感染症が脳を犯している?!?(アルツハイマー病)

母親が入所している施設は今、大変な状況になっています。 もちろん施設で母親たちの面倒をみてくれ

記事を読む

no image

脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合、小脳梗塞が本当に小さかったこ

記事を読む

no image

昨年、発症がわかった脳動脈瘤について

2021年の暮れ、母親の認知症(夜の徘徊)とそれにまつわるストレスが重なり脳梗塞を発症しました。

記事を読む

no image

脳に関する雑学

これまで自分自身に起こった脳内出血(&小脳梗塞)と、認知症を発症した母親のことについてブログしてきま

記事を読む

no image

認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出ています。 さらに高齢者社会

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。 その中で大部分を占めているのが

記事を読む

no image

無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。 そう

記事を読む

no image

若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳をイキイキとさせる方法があるの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
脳に関する豆知識

勉強で「私は毎日、脳を酷使している」と自負していても、、脳についてしっ

no image
漢方薬の睡眠剤と睡眠を促進する薬について

施設に入所している母は、今年で90歳になります。 気付いたら施設

no image
MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、

no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう
PAGE TOP ↑