*

冬場の脳血管障害~ヒートショック~

公開日: : 最終更新日:2018/11/24 脳内出血体験談

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます。

そして冬場になると、楽しみの1つにお風呂があります。

特に寒い時に湯船に浸かると、身も心も温まりホッコリします。

しかし身体がホッコリする一方、入浴中に突然死を発症する方が増えていることを忘れてはいけません。

事実、毎年1万人以上の方が突然死によって亡くなられているのです。

そんな突然死の原因の多くに挙げられるのが、脳血管障害(脳梗塞や脳内出血)です。

ではどうして私たちはお風呂に入浴時に、突然死(脳血管障害)を発症してしまう危険性があるのでしょうか。

実は、明確な理由があるのです。

みなさんはお風呂場の周りに、電気ストーブなどの温暖設備を整えていますか。

私もそうでしたがお風呂場に電気ストーブなどを置いていなかったため、いつも脱衣所でブルブル震えながら着替えていました。

この寒さの寒暖差が、脳血管障害を引き起こしているのです。

私たちの身体は急に寒さを感じると、無条件に血管が収縮して血圧が上昇してしまいます。

お風呂場はその典型的な場所になるのです。

「暖かい場所から急に冷たい場所にいくと血圧が急上昇する」(逆もしかり)

つまり血管の弛緩によって、血圧が急上昇したり急降下することによって脳血管障害を招いてしまうのです。

そして急激な血圧の変動による症状(脳血管障害)を「ヒートショック」といいます。

※ヒートショックは脳血管障害だけでなく、心筋梗塞を引き起こす原因になります。

ではどうしたら、私たちはヒートショックを防ぐことができるのでしょうか。

○お風呂の温度は40℃以下に設定し、浴槽に浸かるのは5~7分にする(入浴時間は20分以内)。

・入浴時間は短めにして、肩まで長時間浸からない(浸かるなら腰まで)。

○入浴前後に、必ずコップ一杯以上の水分補給を摂取する。

・入浴中は発汗作用と利尿作用があるため、脱水傾向になる危険性がある。

○寒い日には、できるだけ露天風呂に入らない。

○上の血圧が180以上、下の血圧が110以上ある場合は入浴を控える。

○入浴後はすぐバスタオルで水分を拭き取り、保温のためすぐに着替える。

○早朝や深夜の入浴は避け、体調が悪かったり疲れていると感じれば入浴を控える。

上記に明記したことを予防すれば、私たちはヒートショックを防ぐことができるのです。

ちなみに電気ストーブは3,000~5,000円程度で家電量販店で販売しています。

転ばぬ先の杖ではありませんが、電気ストーブがあるだけでヒートショックを防ぐことができると思います。

関連記事

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。 そして今

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。 2020年1月に認知症を

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑