*

脳血管性認知症について

公開日: : 最終更新日:2019/04/30 脳内出血体験談

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

そして脳血管障害を引き起こすことによって、脳細胞の一部が死滅してしまいある障害を発症することがあります。

それを「脳血管性認知症」と言います。

いったい脳血管性認知症はどのような特徴があり、その特徴について触れてみたいと思います。

男性が女性の2倍近く発症する危険性のある脳血管性認知症は若い世代の発症数も多く、よく似た症状として「脳血管性認知症=高次脳機能障害」と診断されることもあります。

ちなみに脳血管性認知症と違い高次脳機能障害は、機能回復の見込みが高いと言われています。

※脳血管性認知症は徐々に機能低下が進む(悪化)と考えられています。

また脳血管性認知症が発症する理由は、次のように考えられています。

私たちの脳には栄養素や酸素を運ぶため、多くの血管が樹木の幹や枝のように脳の隅々に張り巡らされています。

そんな脳の最大の難点は、栄養不足&酸素不足に非常に弱いことです。

仮に脳血管障害によって脳への血流が阻害されてしまうと阻害された脳細胞は死滅してしまい、また阻害された脳の部位によってさまざまな症状を発症してしまいます。

もっとも顕著な障害として片麻痺や言語麻痺があり、そうした症状の1つに脳血管性認知症があるのです。

現在の進歩した治療によって脳血管障害(脳血管性認知症)も、減少傾向にあるのは間違いない事実です。

また脳血管障害の大小関係なく、小さな脳梗塞でも気遣いないうちに脳血管性認知症を発症している場合もあります。

では具体的に脳血管性認知症を発症した場合、どのような症状が発症するのでしょうか。

脳血管性認知症の症状として、「物忘れなどの記憶障害/時間や場所や人物の認識がうまくできなくなる見当識障害/ものごとを計画立てて順にこなすことが困難になる実行機能障害」が挙げられます。

※これらは高次脳機能障害の症状にも表れます。

さらに脳血管性認知症と併用して、次に明記する症状も挙げられます。

「運動麻痺/知覚麻痺/言語障害」

さらに脳血管性認知症には、下記に明記する特徴も挙げられます。

「障害されていない部位の機能は保たれるため、できることとできないことの差が大きくなる。」

「その時の体調によって、できなかったことができるようになったりする。」

「感情をコントロールしづらくなり、怒りや悲しみなどが表に出やすくなる。」(躁鬱状態)

こうした症状に加え、「無気力・妄想や幻覚・暴言や暴力などの行動」等々、二次的な症状に発展する可能性も出てきます。

関連記事

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑