*

現時点での母の状況について…

公開日: : 脳内出血体験談

母が近くのデイサービスにお世話になって、3年目になりました。

認知症の母のモットーは、「毎日歩けば元気を保てる」!

そんな時、コロナ感染症が流行り出し…母も施設から出れなくなりました。

しかし今年の3月になって「一緒に外出をしても良い」という許可が、市役所の方から交付がありました。

そして4月、久しぶりに母を連れて、500mしか離れていない我が家へ一緒に帰りました。

今まで毎月3回、定期的に施設へ行き5分間だけ、施設の玄関で話をしていましたが、

これからは母も連れ出すことができるだけでなく、施設の中の母の部屋で一緒に過ごすことができるようになりました。

我が家へ連れて帰った時、母が大好きだったお寿司とあんパンを食べて欲しくて用意していました。

だけど…今までだったらペロッと食べていたお寿司も、半分ぐらいしか食べれなくて…。

あれほど大好きだったあんパンも半分食べただけ。

「お母さん、お寿司もあんパンも大好物なんだから、もっと食べていいんだよ」といっても、「もうお腹一杯」。

それから約2時間、私のベッドに寝かせながらテレビを見てから、施設へ戻りました。

施設へ付くと、母の担当の介護師さんがいたので、気になったことを質問しました。

「お母さん、体重、今どれくらいありますか?」

「私も話そうと思っていたのですが、35kgしかないんですよ。」

介護師さんが言うには、身体は健康なんですが食べ物に好き嫌いがあって…嫌いな食材が出た時はほとんど食べないんですよ。」

3年前の母の体重は40kg、それが今は35kgに激減…。

施設内だけだったら歩くこともできない…その結果、体重が減っても致し方なし、かもしれません。

「でもこれ以上体重が減ったらやばいと思うんです。体力も無くなってしまって、最後には(極端な話)食べること自体も…。」

「そこで提案なんですが、これからは毎日出されるおかずを残したら、あんパンや果物を食べさせて欲しいんですよ。」

「そうすればこれ以上体重も減ることはないだろうし、好きなモノを食べればまた(生きる)意欲が湧くと思うんです。」

介護師に相談した結果、施設が提供するおやつ以外にも購入してもらって食べることを了解してもらいました。

今は体重も安定してきて、少しずつ増えてきました(施設のみなさんのおかげです)。

それともう1つ気になることが…。

どうもうんちやおしっこをしても気付かないで、そのまま寝ることが増えたみたいなんです。

母はシモが非常に固くて良かったのですが、ここにきてついに来たか…という感じです。

もう少し様子をみてもらって、それでもだめだったら介護おむつを用意してもらう予定にしています。

ということで今回は、母の近況報告について話して見ました。

関連記事

no image

高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。 実は施設に入所している母のと

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

心原性脳梗塞について

脳血管障害(脳梗塞や脳内出血)は、脳の血管に障害が起こった時だけに発症する病気だと思っていませんか?

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

脳梗塞と小脳梗塞

脳梗塞と小脳梗塞には、いったいどんな違いがあるのでしょうか。 脳梗塞は脳の血管の一部が詰まるこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑