*

脳梗塞と小脳梗塞

公開日: : 脳内出血体験談

脳梗塞と小脳梗塞には、いったいどんな違いがあるのでしょうか。

脳梗塞は脳の血管の一部が詰まることよって血液が循環できなくなり、その結果として細胞が壊死してしまう病気です。

そして脳梗塞の主な症状は頭痛や吐き気・嘔吐やめまいから始まり、身体の左右どちらかの一部の手足がしびれたり麻痺してしまいます。

さらにろれつが回らなくなったり…。

※ちなみに左脳が傷付いた場合、言語障害を発症する危険が大きいです。

では小脳梗塞よは、いったいどんな症状を発症するのでしょうか。

まず小脳の働きについて触れてみたいと思います。

「小脳=運動機能や身体のバランス機能など、さまざまな役割を担っている。」

そんな小脳が梗塞を起こしてしまったら…。

大きな特徴な症状として、(人にもよりますが)手足や口・眼といった動きが円滑に行えなくなります。

例えば私の場合、立ち上がろうとしても頭がフラフラしてしまい何度も倒れました。

よく漫画で目がクルクル回って倒れ込んでしまう画が登場しますが、まさしくその通りの状態に陥ります。

※スマホで病院に電話をしたいと思っても、電話の位置さえ触ることができませんでした。

どちらにしても何もできない状態が続きます。

それと言語障害ですが、私に関してはしっかり話すことができたと思います。

嘔吐もありませんでした。

※ただ過呼吸状態に陥り、息も絶え絶えになりました。

このように脳梗塞と小脳梗塞は同じ脳の病気でありながら、若干の違いがあるのです。

次にリハビリついて触れようと思います。

基本的に脳梗塞も小脳梗塞も、早期のリハビリが必要になります。

脳梗塞は麻痺した側の手足を徹底的にリハビリします。

※集中治療室の中でリハビリをすれば、回復は速まります。

小脳梗塞は基本的に弱った体幹をサポートすることがメインのリハビリになります。

例えば寝ころんだ状態から「あぐらをかく→四つん這いになる→膝立ちをする」等々。

私の場合、本当にラッキーなことに後遺症という部分がほとんどありませんでした。

ただ10日間あまりベッドの寝た状態だったので、身体中の筋力が衰えてしまって、その回復に対するリハビリがメインでした。

一度、脳内出血を発症した私は、脳梗塞のことも熟知していると思っていました。

でも小脳梗塞という症状があるとは…本当に知りませんでした。

言語障害がないから脳梗塞ではないと思っていました。

今回、小脳梗塞を患っていかに違う病気なのかということが身をもってわかりました。

これからどうなるかわかりませんが、何とか脳血管障害を発症しないように最善を尽くすつもりでいます。

関連記事

no image

アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメリカの製薬会社「バイオジェン」

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「急に食欲がなくなったみたいで、

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。 その当時ままだ、「脳血管障害=

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今

no image
高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「

no image
私が手術を受けた開頭血腫除去術について…

さかのぼる事、1997年3月13日、脳内出血で倒れた私は大阪の日本橋病

no image
認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょ

no image
脳血管障害の原因~それに伴う患者と看護師~

ここでは、改めて脳血管障害(脳梗塞)が発症した原因について考えてみたい

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑