*

傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

公開日: : 脳内出血体験談

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。

それはヘルメットで頭を守るため…では何故、私たちはヘルメットで頭を守らなければいけないのでしょうか?

例えば脳の神経解剖学者:ラモニ・カハールは、下記のことを発表していました。

「一度でも損傷してしまった脳(中枢神経)は元に戻らない(再生しることはできない。」

つまり運動を司る中枢神経が損なわれてしまうと、手足を動かすことができなくなると言っていました。

※事実、私は脳内出血を発症し、左脳の運動機能を司る中枢神経を損傷し右片麻痺を発症してしまいました。

そうした発表があるなか、別の考え方も報告されています。

運動によるリハビリテーションを続けた結果、失われた手足の機能を一部取り戻すことができた…と。

どうしてこうのように脳の回復をすることができたのでしょうか?

その背景には神経可塑性(しんけいかそせい)が大きく関係しています。

〇神経可塑性

脳の神経細胞の間には伝達経路のシナプスが存在しています。

そのシナプスが新生&再生することによって、脳内で機能的&構造的変化を示すことを指します。

上記の場合、「リハビリテーションを続ける→神経細胞のシナプスの伝達経路が再構築(変化)→神経回路を変化→失われていた機能を取り戻すことできた」と考えられます。

神経細胞のリハビリテーションを出し続ければ、手足を動かすシナプス信号を発することができるというのです。

ちなみに私の場合、3カ月間入院した後、もう3カ月間リハビリテーションセンターで手足を動かす訓練を続けました。

結果的には回復することはできませんでしたが…。

それにしても医学の世界は信じられないような進歩を続けています。

シナプスの伝達効率を高める薬も見出されているからです。

そしてこの薬を利用すれば、脳損傷後の運動機能の回復を促進することができるということが報告が発表されています。

※実際にマウスやサルで治験を行った結果、元の状態まで回復させることできたと発表されています。

今回の結果からわかったことは、一部の脳が損傷したとしてもシナプスという伝達機能を書き足せば(上書き)、運動機能を担うようになったと示唆することができます。

さらに脳は進化をし続けます。

そして脳に秘められた回復力は、まだまだ私たちの知らない世界の中にあるのです。

今回は傷付いた脳は回復することができるのか!という内容を検証してみました。

※もしかしたら私の動かなくなった右片麻痺も回復するかも…。

関連記事

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。 その当時ままだ、「脳血管障害=

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘ

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑