*

2ヵ月の入院の後の母親の変化

公開日: : 脳内出血体験談

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。

その間、母親はどうしていたのかというと、地元の施設に預かってもらっていました。

退院後、久しぶりに再会した母。

まず安心したのは、私のことを覚えていてくれたこと(これはホッとしました)。

それ以上に大きな変化が…母の間で起こっていました。

それは夜中の徘徊が治まっていたことです。

もともと寝たい時に寝ていた母のルーティーンは次のような感じでした。

〇朝から夕方までは、寝たり起きたりの繰り返し。

でもって昼は定期的に外を出歩いていました。
長い時は1~2時間、戻ってこないこともありましたが、家にはちゃんと帰っていました。

※当初はそれが気になって気になって仕方がありませんでしたが、途中からはそれに慣れてしまい警察に通報することもなくなっていました。

〇夜は主に21時頃に就寝して、必ず夜中の2~3時にトレイで起きていました。

トイレが終わり真っ先にすることは、玄関を開けて散歩をすること(徘徊)。

玄関には5つの鍵を付けていましたが、いつの間にかすべての鍵の位置も覚えてしまっていて…。

「ガチャ、ガチャ、ガチャ」

その音に条件反射のように目が覚めてしまう私がいました。

「お婆さん、外は真っ暗で危ないからどこにもでないで!!!」

何度も叫びましたが、母には関係ありませんでした。

長い時は夜中に1時間以上うろつき回っていたんです。

でもちゃんと家には帰ってきました。

私自身も右片麻痺になっているため、母と同じように歩くことはできず…その時間帯もイライラしながら待つしかありませんでした。

※真夜中に母に対して大声を上げる私、ある時は民生委員が来て「あなたのことが心配できました」と…それほど私の気持ちはひっ迫していました。

ずっとイライラしているし、結局夜も寝れなくなっていました。

酷い時は睡眠時間が2時間で、それが1週間続くこともありました。

その結果というか代償として、小脳梗塞を発症したわですが。

それから退院後、大きく変わったことは母の夜の徘徊がなくなったことです。

多分、施設で夜に出歩くことができなくなったからだと思います。

5つの鍵は無意識に覚えていたと思います。

でも玄関を開けて夜の徘徊をしても、せいぜい20~30mでした。

足腰が弱ったせいもありますが、とにかく母の玄関を開ける音で目が覚めても、寝ることができるようになっていました。

これが一番の変化で、今もその状態が続いています。

最後に…ケアマネージャーには本当に感謝しています。

もしケアマネージャーの助言がなかったら、母を殺めていたかもしれなかったからです。

介護は1人でできることではありません。

出来得る多くの人の手を借りて、初めて介護ができることを知りました。

関連記事

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

no image

脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。 実際、私も「あれ

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。 その中で大部分を占めているのが

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメリカの製薬会社「バイオジェン」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
昨年、発症がわかった脳動脈瘤について

2021年の暮れ、母親の認知症(夜の徘徊)とそれにまつわるストレスが重

no image
コロナ感染症が脳を犯している?!?(アルツハイマー病)

母親が入所している施設は今、大変な状況になっています。 もちろん

no image
脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今

no image
高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「

no image
私が手術を受けた開頭血腫除去術について…

さかのぼる事、1997年3月13日、脳内出血で倒れた私は大阪の日本橋病

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑