*

健康な人にも起こり得る脳腫瘍

公開日: : 脳内出血体験談

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました。

ビックリしたのですが、安田さんは脳腫瘍の一種である「髄膜腫」を患っていたそうです。

「脳腫瘍…脳や脳をとりまく組織に出来る腫瘍」

患者数は10万人あたり10人程度発症しているそうです。

そして脳腫瘍は高齢者だから発症するという訳ではなく、乳幼児から高齢者まで誰でも発症しうる病気なんです。

脳腫瘍にもさまざまな種類があり、そのなかでもっとも多く発症する症状が「神経膠芽腫(しんけいこうがしゅ)」です。

神経膠芽腫は腫瘍の増殖スピードが異常に速く、腫瘍が発症してわずか数ヵ月で深刻な状態に陥る場合もあります。

ただ脳腫瘍の発症にいち早く気付くことができれば、頭を開頭して腫瘍を摘出して完治に誘うことができます。

では何故、気付いたら脳腫瘍ができてしまっているのでしょうか。

実は先進医療のなかで、はっきりした原因がわかっていないのが脳腫瘍なのです。

しいて上げるなら…「高タンパク・高脂肪食品の過剰摂取/過度のストレス/喫煙」等々が考えられています。

※ちなみに多臓器に癌を発症していた場合や身内に脳腫瘍を発症した人がいる場合は、脳腫瘍の発症リスクが高くなります。

次に脳腫瘍を発症した場合の症状について触れてみます。

〇脳腫瘍の症状

慢性的な頭痛が発症します。

初期症状の場合、2割程度の人が慢性頭痛に悩まされ、進行すると7割程度の人が悩まされます。

また慢性頭痛の症状として起床時がもっとも強く、時間が経過するにつれて少しずつ痛みが改善する傾向にあります。

そして慢性頭痛を併用して、原因不明の吐き気(嘔吐)を感じるようになります。

その症状が進行すると、視神経の異常を伴います。

視神経の異常の原因は、脳腫瘍が大きくなっていることに尽きます。

腫瘍が大きくなり脳の神経部分が圧迫され、視力低下などの自覚症状を引き起こす…。

このほかの症状として、「手足のしびれ/言葉がうまく話せない/聴覚障害」といった症状が現れます。

安田さんの手術は無事に成功し、今に至っています。

彼の凄さは、髄膜腫になってしまった現状を客観的にみることができたことです。

そしてメンバーに迷惑をかけないと共に、「いかにして世間にわかないようにすることができるか!」ということが脳裏によぎったそうです。

事実、多くの関ジャニ∞ファンの間でも、知らなかった人が多かった言われています。

もし自分が同じような状況になったら、、、

脳腫瘍は完治することができる病気です。

もし慢性頭痛に悩まされ続けているなら、是非一度脳検査を受けることをお勧めします。

関連記事

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。 その当時ままだ、「脳血管障害=

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

脳内出血と手術について

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。 その時、

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。 実際、私も「あれ

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。

no image
脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物

no image
アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメ

no image
傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘ

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑