*

小脳の脳梗塞を発症

公開日: : 最終更新日:2021/11/29 脳内出血体験談

2021年8月30日…小脳の脳梗塞を発症してしまいました。

 

はじめて脳内出血を発症してから24年、規則正しい生活を続けていて、「私に2度目は起こらない」とタカをくくっていました。

 

でも心の片隅に「もしかしたら」という気持ちがあったのも事実。

 

それは3年前から母親が認知症になったため、実家に戻り介護することになったからです。

 

母の場合、夜中の徘徊と幻覚がすごくて、すでに2~3時間しか眠れない日々が続いていたのです。

 

そしていつの間にか、母親に対してすぐに怒るようになっていました(イライラが止まらない)。

 

この日も早朝5時頃から仕事をしていました。

 

6時を回った頃でしょうか、急に頭がフラフラしてきて目の前が静止できなくなっていました。

 

まるで漫画のような風景で目の前がクルクル回っている状態です。

 

すぐベッドに倒れ込みスマホで病院に電話を掛けようとしましたが、LINEの電話接続の場所を押すことさえもできない状況になっていました。

 

※まったく焦点が合わなくなっていました。

 

何度か立ち上がって外に助けを求めようとしてもすぐ倒れてしまって、身動きできない…。

 

どれくらい経ったかわかりませんが、それからなんとか電話をすることができ救急車を呼ぶことができました。

 

その間は喉が異常に乾いて、気付いたら息ができなくなっていました。

 

あとからこうした症状を先生に尋ねたら、「それは過呼吸ですね」と言われました。

 

たくさん息を素込み過ぎて息ができなくなる症状、過呼吸を治まるには「とにかく息を吐き出す」ことらしいです。

 

※ちなみに過呼吸になる人は、いつも小さな紙袋を用意しています。

 

それから救急車が来るまでに身動きできなくなっていたので、失禁もしていました。

 

その後、一時的に済生会に搬送され医科大学病院へ転院、そこで約1ヵ月入院しました。

 

それからリハビリ病院へ転院し、約1ヵ月間、筋力トレーニングをしました。

 

症脳梗塞を発症して何がラッキーだったかというと、後遺症が無かったことです。

 

後遺症が無かったかことが、私自身のモチベーションになりました!

 

仮に後遺症があった場合、現況であった右片麻痺以外に左片側に後遺症が発症してしまったら…。

 

それこそ四肢麻痺状態になるわけです(本当にゾッとします)。

 

それと医科大学病院では脳はもちろんですが、身体をくまなく検査されました。

 

「脳(血管)以外はすこぶる健康体です」

 

次回では小脳梗塞がどのような症状を引き起こすのか、そしてリハビリ病院について触れてみたいと思います。

 

ということで私のブログも約2ヵ月ぶりに復活することができました。

 

関連記事

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。 その当時ままだ、「脳血管障害=

記事を読む

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘルメットで頭を守るため…では何

記事を読む

no image

脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です。 ではどのようにして、

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母親はどうしていたのかというと、

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です

no image
退院後、3ヵ月目のMRIの結果

4月25日、済生会病院で脳動脈瘤のMRIの検査結果がわかりました。

no image
脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合

no image
母がグループホームに入所しました。

ケアマネージャーや家族や親族の助言によって、母をグループホームに入所さ

no image
2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑