*

脳血管障害者を支える家族の心構え

公開日: : 最終更新日:2018/10/26 脳内出血体験談

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。

何故なら「患者にどんな後遺症があるのか/どのような社会的サポート(支援)があるのか」といった、知識を知ったうえで介護する必要があるからです。

そこでこの項では、家族の心構えについていろいろ考えてみたいと思います。

○面会時の心構え

脳血管障害を発症した直後、とにかく家族は冷静さを保つ必要があります。

私の家族は医師から、「万が一の危険性として寝たきりの状態なり言葉も喋れない」かもしれないと説明があったそうです。

実際は右肩半身麻痺で、言語障害は約半年かけて言語療法士の助けもあり、今では普通に話すことができるようになりました。

家族が冷静さを保つとは、家族の接し方次第で発症者本人が不安感を感じてしまう他ありません。

だから、家族は冷静さを保つ必要があるのです。

○病院でのリハビリの取り組み方

脳血管障害を発症すると、ほとんどの方が何かしらの後遺症と付き合うことになります。

もちろん家族にとってもかなりのショックですが(生活の不安を考えると))、それ以上に本人のショックは相当なものです。

私の場合を思い起こせば、うつ病状態になり「死にたい。死にたい」と繰り返していました。

その結果としてもっとも怖いのは、リハビリに対するやる気のなさです。

「継続は力なり」ということわざがありますが、家族のサポートがなければリハビリをやる気が失せてしまい、しまいに歩くことが足が歩けなくなるという事例も多々あるのです。

※私の病院仲間の中には、自暴自棄になり死を選択してしまった人もいました。

そして私は運よくリハビリ専門センターに入院することができ、私と同じような後遺症を持った人たちとリハビリをすることで、モチベーションが回復しました。

○自宅に戻るか、それと施設で継続するか

基本的にリハビリ期間が終了すると、「自宅に戻るか/リハビリ専門病院に転院する」かの選択肢が迫られます。

私の場合、個人で散歩などをしていましたが、以前として精神は不安定な状態でした。

そのため、リハビリ専門センターに入院することにしました。

今後みなさんの家族の誰かが脳血管障害を発症した場合、必ずリハビリ専門病院に転院することをお薦めします。

何故なら上項で明記したように、同じような後遺症で苦しんでいる人たちと一緒にリハビリをすれば、必ず自分のモチベーションが上がってくるからです。

※後遺症の中には自分より重篤な人もいて、そういう人の姿勢を見て、自分のモチベーションも次第に上がっていくのです(リハビリへの活力上昇)。

関連記事

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら

no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

no image
秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑