*

無症候性脳梗塞

公開日: : 最終更新日:2020/06/25 脳内出血体験談

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。

そうした番組の1つに脳ドックの検査があります。

ちなみに私自身、脳内出血で倒れた経緯があります。

そのことを考えれば、脳ドッグが無料でできるのは非常にラッキーなことだと考えます。

※脳ドッグ料金=病院によって違いはありますが、50,000円~程度掛かります。

そして脳ドッグをした結果、自分自身の脳の状態を客観的に見ることができます。

もちろん脳に異常がなければ綺麗な脳のまま。

しかし人によっては(年齢関係なく)、脳にポツッポツッと白く濁っているところがあります。

そのポツッポツッこそが、自分自身が気付かないうちに脳梗塞を発症しているのです。

※CTスキャンやMRI画像で脳梗塞を発症したことがわかります。

このように偶然にも脳梗塞を発症したことに気付くことを「無症候性脳梗塞」といいます。

「無症候性脳梗塞=ラクナ梗塞(穿通枝)」といい、わかりやすい言葉でいうなら「隠れ脳梗塞」といいます。

〇無症候性脳梗塞

「脳の中を走る穿通枝という細い動脈が詰まったため脳梗塞を発症します。」

ちなみに気付かないのは、脳梗塞を発症したとしても小さな部位だからです。

「一瞬、手足がしびれたり頭がクラクラしてもすぐに回復してしまう」から、脳梗塞を発症したかどうかも分からないのです。

もちろん大きな部位だったら、間違いなく身体(手足)に麻痺を発症したり言語障害を発症します。

そんな無症候性脳梗塞の見つかる頻度は、加齢と共に増加するといわれています。

例えば65歳以上の方を対象にした場合、その比率は28%にも及びます(世界規模)。

日本の研究によると、

40歳以下ではまったく認められず、80歳以上の場合は19.3%に無症候性脳梗塞の痕が見られると言われています。

また無症候性脳梗塞の場合、そのほとんどの人が(約80%)持病として高血圧を患っています。

※私の場合も、普段から血圧が高めでした。

では無症候性脳梗塞を防ぐためには、どのような対処が必要がなのでしょうか。

答えは明確です。

それは「1にも2にも高血圧を改善する」に他ありません。

例えば高血圧を薬や注射でコントロールすることになります。

高血圧を改善することができれば、自然と無症候性脳梗塞を発症する確率が低くなります。

それから高血圧の他に考えられる危険因子には、「喫煙・糖尿病・高脂血症・高尿酸血症」があります。

関連記事

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。 この働き方改革法案の意味す

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

no image
脳に関する不思議な雑学

身体の中でもっとも重要なパーツといえば「脳」だと思います。 その

no image
健康な人にも起こり得る脳腫瘍

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑