*

脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

公開日: : 脳内出血体験談

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

その当時ままだ、「脳血管障害=致命的な症状」として捉えられていました。

というのも脳血管障害を発症すると、「命は助かっても後遺症が残ってしまう」のががほとんどだったからです。

しかし2021年の現在、脳血管障害の治療は大きく様変わりしています。

それは「早期治療・早期発見することによって、少ない後遺症にとどめる」ことができるようになったからです。

まず脳血管障害を発症してすぐにすることは、救急車を呼ぶことです。

以前は救急車を呼んでも運ぶだけで、治療をする手立てはありませんでした。

当然、脳で出血をしているのでどうすることもできませんでした。

しかし現在の脳血管障害の治療は違います。

早急に医療機関に運ぶことは言うまでもありませんが、救急車の中で正確な診断を下し治療を開始することができるようになりました。

例えば脳血管障害を発症した時、救急車の中で「どのタイプの脳内出血なのか」診断できるようになりました。

以下に紹介するのは3つのタイプの脳内出血です。

〇心原性脳梗塞症

 心臓病が原因で、心臓でできた血栓が血流に乗って脳の血管を詰まらせる症状を言います。

〇ラクナ梗塞

 主な原因は高血圧で、血管壁に脂肪が蓄積していき、それがある瞬間に剥がれ落ちて脳内の血管で詰まらせてしまう症状を言います。

〇アテローム血栓性脳梗塞

 悪玉コレステロールが血管壁に入り込むことで、その場所がドロドロした状態(アテローム)になっていきます。

 その状態とは血管の内側を狭くするわけで、アテロームが大きくなることによって剥がれ落ち脳の血管を詰まらせてしまう症状をいいます。

もちろん以前であれば、なすすべもなく後遺症へまっしぐら…私も右片麻痺を発症して現在に至ります。

現在は上記に明記した脳血管障害に対して、「抗血小板療法 + 抗凝固療法」が行われています。

〇抗血小板療法 + 抗凝固療法

 細いプラスチック製の管(カテーテル)を脳の血管の血栓が詰まった部分に挿入し、そこで血栓を溶かします。

もちろん脳血管障害を発症した全員が、後遺症を回避できるわけではありません。

実は発症して3時間以内であれば血栓を溶かすことができ、ほぼ後遺症を回避することができます。

当時の私も3時間前後で病院で治療を受けています。

もし「抗血小板療法 + 抗凝固療法」があれば、私の後遺症も回避できたのかもしれません。

関連記事

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳をイキイキとさせる方法があるの

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑