*

新しい総合病院での出来事

公開日: : 最終更新日:2018/09/30 脳内出血体験談

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。

そんな母親はボケてはないのですが怪我することが多くなり、長男としては「そろそろ帰った方がいいのではないか!」と悩んでいました。

そして今年の7月、家族を残して実家に戻ることにしました。

※ちなみに妻は会社に従事、2人の子どもたちはすでに自立しています。

さっそく8月、今まで通院していた病院の先生からの紹介状を持参し、地元の済生会病院(唯一の総合病院)へ行きました。

済生会病院では「現時点での身体の状況を把握したい」ということで、下記に明記することが診察されました。

○内科

ここでは「血圧測定・血液検査・心電図・レントゲン・尿検査」をした後、現況に問題なしと医師に言われ、今まで通り高血圧の薬を処方されました(約3ヶ月分)。

○脳神経内科

ここでは脳検査を確認したいということで、CTスキャンが行われました。

もちろん脳にも異常は見られませんでしたが、医師からあることを言われました。

「脳血管障害を発症した患者さんには、必ず認知症検査を受けてもらっています。」

私はまだ50歳代で身体に不自由さはあるものの、頭はボケていないと確信していました。

そして「納得がいかない」と思いつつ、認知症検査を受ける羽目になりました。

認知症検査には、このようなことが行われました。

「自分の生年月日・今日の日付・医師が示した指の形を、同じように指で作る・簡単な計算問題」等々。

認知症検査には「長谷川式認知症簡易評価スケール?ミニメンタルステート検査(MMSE)・ウェクスラー記憶検査(WMS-R)」があり、済生会病院では長谷川式認知症簡易評価スケールが採用されていました。

当たり前のことですが、結果は正常です(まったく問題なし)。

だけど急に認知症検査をするといわれた時、間違いやすい問題があるのも事実です。

例えば、「今日の日付」は最たるものかもしれません。

私自身、いちいち日付を気にしていません。

その日、たまたま新聞を読んでいたのでわかったに過ぎないからです。

それと急きょ引越しを決めて実家に帰省したため、住民票の変更届をまだしていませんでした。

障害者手帳を持っている私はいつも診療代500円を支払うだけなのですが、なんと約6,000円請求されたのです(薬代は約4,000円)。

「おかしい!」と思い問い合わせてみると、「その市の障害者保険がなければ保険料は500円ではなく、健康保険の3割負担になります」と言われたのです。

「でも住民票を転出してその市の住民票を取得すれば(健康保険・障害者保険)、差額分は返金します」と。

まさに目から鱗でした。

私は、「どの街でも500円で診療を受けられる」と勘違いしていたのです。

だから(すぐに)、私は以前住んでいた市の「住民票転出届」をサイトからダウンロード。

すると市から転出届が届き、今の市役所に手続きをすれば「住民票・保険証・障害者保険」が新たに発行されます。

とまぁ何かとバタバタしましたが、現在はようやく実家(母親)のサイクルにも慣れ、それなりに充実した日を過ごしている感じです。

関連記事

no image

冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます。 そして冬場になると、

記事を読む

no image

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

脳内出血と手術について

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。 その時、

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 ではみなさんは、本当に脳血管障害の

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

no image
脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけが

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑