*

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

公開日: : 未分類

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います。
そして、脳血管障害の苦境の1つに「異常行動」が挙げられます。
多分、みなさんの想像する異常行動は「言語障害/半身麻痺」といったことではないでしょうか。
確かに、言語障害/半身麻痺も脳血管障害による異常行動の1つです。
しかし言語障害/半身麻痺以外にも、今までに見られないような異常行動があるのです。
この項では、そうした異常行動について触れてみたいと思います。
○誰それ関係なく悪態をつく…
脳血管障害を発症したことによって(脳細胞の損傷)、しばらくの間、脳細胞自体がおかしくなってしまいます。
(血流圧迫による脳細胞の肥大が鎮静すれば治まります。)
例えば、家族や看護師・自分の周辺にいる人に対して悪口や暴言を吐いてしまうのです(さらに怒鳴り散らす)。
家族からしてみれば、暴言を吐くような人でないことを知っているだけにショックは大きいと思います。
しかし脳血管障害を発症したほとんどの人が、この異常行動に襲われます。
○動けないのに動こうとする…
そして異常行動の1つに、無意識に動こうとすることも挙げられます。
例えば脳血管障害を発症した場合、しばらくの間、就寝中は両手足を紐でくくらなければなりません。
何故なら、就寝中に「片麻痺であることを忘れて動こうとする。」からです(脳細胞が動くと勘違いしている)。
(紐で両手足をくくっていなければ、ベッドから落ちる可能性があります。)
このように脳血管障害を発症すると、1~2週間は上記に明記した異常行動を発症してしまうのです。
また脳血管障害の発症によって、認知症を引き起こすこともあります。
基本的に異常行動は、脳圧が正常に戻れば自然に治まります。
異常行動を取ることは、本人ですらあまり覚えていません。
しかし家族に脳血管障害の知識があれば、異常行動を発症してもうろたえることはないのです。
是非、脳血管障害について多くのことを知っていただきたいと思います。

関連記事

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

ライティング業務

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。 (※当然、デ

記事を読む

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑