*

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

公開日: : 未分類

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います。
そして、脳血管障害の苦境の1つに「異常行動」が挙げられます。
多分、みなさんの想像する異常行動は「言語障害/半身麻痺」といったことではないでしょうか。
確かに、言語障害/半身麻痺も脳血管障害による異常行動の1つです。
しかし言語障害/半身麻痺以外にも、今までに見られないような異常行動があるのです。
この項では、そうした異常行動について触れてみたいと思います。
○誰それ関係なく悪態をつく…
脳血管障害を発症したことによって(脳細胞の損傷)、しばらくの間、脳細胞自体がおかしくなってしまいます。
(血流圧迫による脳細胞の肥大が鎮静すれば治まります。)
例えば、家族や看護師・自分の周辺にいる人に対して悪口や暴言を吐いてしまうのです(さらに怒鳴り散らす)。
家族からしてみれば、暴言を吐くような人でないことを知っているだけにショックは大きいと思います。
しかし脳血管障害を発症したほとんどの人が、この異常行動に襲われます。
○動けないのに動こうとする…
そして異常行動の1つに、無意識に動こうとすることも挙げられます。
例えば脳血管障害を発症した場合、しばらくの間、就寝中は両手足を紐でくくらなければなりません。
何故なら、就寝中に「片麻痺であることを忘れて動こうとする。」からです(脳細胞が動くと勘違いしている)。
(紐で両手足をくくっていなければ、ベッドから落ちる可能性があります。)
このように脳血管障害を発症すると、1~2週間は上記に明記した異常行動を発症してしまうのです。
また脳血管障害の発症によって、認知症を引き起こすこともあります。
基本的に異常行動は、脳圧が正常に戻れば自然に治まります。
異常行動を取ることは、本人ですらあまり覚えていません。
しかし家族に脳血管障害の知識があれば、異常行動を発症してもうろたえることはないのです。
是非、脳血管障害について多くのことを知っていただきたいと思います。

関連記事

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

no image
秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

no image
ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑