*

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

公開日: : 未分類

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。
治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、そのリハビリの姿勢に対して「自分の意志でする/医者に言われてイヤイヤする」では雲泥の差があります。
何故なら、そうした姿勢は周りの人たちにもわかるからです(=家族や関係者)。
誰でもそうですが、頑張っている人に対しては声援を送る~そうでない人に対しては…。
しかも自分の意に反するような形で、リハビリを強制しているかのような感じでは、良くなるケースも良くなりません。
実は、私は倒れてすぐ入院した病院のリハビリ担当の先生に、次のように言われました。
(※私自身が「リハビリなんて面倒くさい。リハビリをしたって、元にはもどらない。」とさじを投げていた時期です。)
「○○くん、辛いと思うけど自分からリハビリを頑張る気持ちをみせないと、本当に寝たきりになってしまうぞ!」
「今の時期が、リハビリするうえで一番大事な時。」
「ここでやる気をみせなければ、○○くんの人生は終わりだよ。」
この会話は、病院の屋上でのやり取りです(=2人きり)。
(※右片麻痺は治らないと断言した先生です。)
私の場合、その言葉が発奮材料になったというか~先生を見返してやろうという気持ちで、それ以降、必死にリハビリに取り組みました。
頑張ろうという気持ちの過程は、どうでもいいのです。
何故ならリハビリを頑張ることが、未来に繋がるからです。
もちろん、後遺症が劇的に回復することはないと思います。
しかし一生懸命リハビリを続ければ、それ以上悪くなることはありません。
最後に一言…。
ボバーズ記念病院で仲良くなった人は自宅に帰った途端、何もかもやる気が失せて、ちょうど1年後に亡くなりました。
リハビリに限らず何でもやる気を無くしてしまうと、一気に奈落の底へ落ちてしまうのです。

関連記事

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑