*

脳内出血とうつ病と自殺について

2020/01/14 | 脳内出血体験談

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。 それは「こんな身体なら早く死にたい」の一言です。 「家族に迷惑が掛かる・会社を努められ

続きを見る

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

2019/12/01 | 脳内出血体験談

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳細胞の一部が死滅することを意味します。 それによってさまざまな障害が引き起こされますが、そうし

続きを見る

妊娠中の脳血管障害

2019/11/25 | 脳内出血体験談

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。 また女性は妊娠~出産に至るまで、身体的にさまざまなリスクを伴います。 そこで今回は、女

続きを見る

脳内出血と手術について

2019/10/03 | 脳内出血体験談

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。 その時、脳圧をもとに戻すことがされたと思います。 そして一般病棟に移送された時、手術を受けたと思うので

続きを見る

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

2019/09/23 | 脳内出血体験談

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水分不足」があげられます。 例えば夏になると大量の汗をかきます。 当たり前のことですが、体

続きを見る

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

2019/07/02 | 脳内出血体験談

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。 そして今では、コーヒーを飲まなければ1日が始まりません。 また最近、私は2~3杯の緑茶も飲むようになり

続きを見る

何故怖い!脳血管障害

2019/06/29 | 脳内出血体験談

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 ではみなさんは、本当に脳血管障害の怖さを理解しているでしょうか。 脳血管障害には2つの怖さが存在ます。 ○突然死を招く恐ろ

続きを見る

脳血管障害と労働時間の関係性について

2019/05/29 | 脳内出血体験談

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。 この働き方改革法案の意味することは、次の通りです。 「長時間労働の常態化やそれに起因する過労死を防ぐ」ことです(他にもい

続きを見る

脳血管性認知症について

2019/04/14 | 脳内出血体験談

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。 そして脳血管障害を引き起こすことによって、脳細胞の一部が死滅してしまいある障害を発症すること

続きを見る

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

2019/03/18 | 脳内出血体験談

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。 何故そうした定説が流行ったかというと、脳内出血を発症して脳を動かしてしまうと、脳の中でドンド

続きを見る

no image
脳血管障害の原因~それに伴う患者と看護師~

ここでは、改めて脳血管障害(脳梗塞)が発症した原因について考えてみたい

no image
脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です

no image
退院後、3ヵ月目のMRIの結果

4月25日、済生会病院で脳動脈瘤のMRIの検査結果がわかりました。

no image
脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合

no image
母がグループホームに入所しました。

ケアマネージャーや家族や親族の助言によって、母をグループホームに入所さ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑