*

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一時はダイエットに励み106キロあった体重を96キロまで落とす事が出来、肥満度や体脂肪率も下げる事が出

続きを見る

痛風で歩くことができない

2016/06/01 | 痛風治療方法

思わぬ休みが取れたある日にことです。前日に急遽京都への一人旅を決めました。宿泊先をネットで決め、旅行の準備を済ませ、出掛ける日の朝、ファミレスへカミさんとモーニングサービスを食べに行きました。その帰り

続きを見る

三大激痛の一つ 激痛の王様 尿路結石

尿路結石の痛みは、経験者でなければ判らないものですが、経験者の方が一様に「耐えられない七転八倒する激痛」と言います。周りにも沢山の経験者がいますが、経験者同士、何とも言えぬ親近感を持たりするものです。

続きを見る

尿路結石の症状

それは本当に突然の事でした。夜明け前に物凄い腹痛が襲ってきて、大の男が悲鳴を上げ程の激痛なのです。早朝の事でもあり、救急車を呼びたいのですが、ご近所の体裁もあり、何とか病院の開く時間まで我慢しました。

続きを見る

本当の意味で、障害者の社会参加を考える…

私がネット副業として初めてデータ入力をした時、「300件/3.000円」~時間給に換算すれば、2~300円にしかなりませんでした。 それでも「私は障害者だから仕方ない。」と諦めていたのも事実です。

続きを見る

生命保険会社について

2016/02/04 | 脳内出血体験談

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円、入院1日5千円、支払保険料は約1か月1万円くらいのモノを契約しました。平準払いでずっとこの保険料で

続きを見る

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

2016/02/04 | 脳内出血体験談

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これは別に病院やお役所から年金がもらえると言う連絡があったのではありません。  

続きを見る

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

2016/02/04 | 脳内出血体験談

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなかったからでしょうか。ところが一旦退院して日常生活を送るようになってから頭痛がした時がありました。

続きを見る

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

2016/02/04 | 脳内出血体験談

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほかの患者さんの具合からかもしれませんが、こまめに覗きに来てくれていたと思います。  

続きを見る

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

2016/02/04 | 脳内出血体験談

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体のバランスは少し悪くなっており、試行錯誤でリハビリをする事になりました。20年以上前の話です。私が選ん

続きを見る

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑