*

日常生活やリハビリ運動を阻害する「クローヌス」

公開日: : 脳内出血体験談

脳内出血で倒れて、しばらくしてから本格的にリハビリ専門病院でリハビリテーションをしました。

その頃から時折、右足首に非常に気になる動きが…なぜか無条件反射のように、右足首がら下がガクガク震えるんです(まるで貧乏ゆすりのような症状)。

リハビリ専門病院で私の担当をしてくれた理学療法士にそのことを話すと、「その動きはクローヌスですね」と言われました。

〇クローヌスとは?

「クローヌスとは、自分の意思とは関係なく起こってしまう筋肉の痙縮(けいしゅく)です。」

クローヌスは上位ニューロン障害のことで、脳内出血や脳梗塞・脊髄損傷などに引き起こされる中枢神経疾患に発症する症状をいいます。

もう少し簡単に説明します。

筋肉が引き延ばされる刺激によって右足首の運動の抑制が効かなくなり、脳からの刺激に対して過度な反応をしてしまうのです。

例えば関節(右足首)が、ほんのわずかな刺激によって何度も動いてしまうのです(自分自身でコントロールすることができない状態)。

想像してみてください…。

動かすつもりもないのに、何かしらのはずみで右足首がガクガク震え出すんです。

※当時はこの動きが嫌で嫌で、足首を切り落としたい感情に追い込まれました。

しかも始めは、どうしたら止めることができるのかすらわかりませんでした。

それから理学療法士によって、クローヌスの止め方を教えてもらいました。

「大腿部と下腿部をしっかり押さえて、しばらく圧迫させる」と…そうしたら自然と右足首のブルブルは消失しました。

※ちなみに私は右半身麻痺なので右足首にクローヌスが発症するわけですが、それが左半身麻痺の患者さんだったら左足首にクローヌスの症状が現れます。

※もちろん脳血管障害を発症した患者さんでも、クローヌスにならない場合もあります。

それと理学療法士からは、次のようなことも言われました。

「クローヌス自体は有害なものではないので、安心してリハビリに取り組むことができます」と。

このようにクローヌスの症状について触れてみたんですが、どうしてクローヌスという症状が出てくるのでしょうか?

実はクローヌスのはっきりした原因は、以前として解明されていません(クローヌスを発症する仕組みはわかっているのですが)。

私が脳内出血を発症して25年が経とうとしています。

最初はクローヌスの動きも激しさがありました。

じゃぁ現状はどうなの?というと、今でもたまに弱いクローヌスを発症します。

その時は慣れたもんで、右足を圧迫してクローヌスの動きを止めます。

脳内出血で一番の恐怖は、麻痺や言語障害を発症することです。

それから考えると、クローヌスはたいした症状ではないかもしれません。

だけどクローヌスを発症した当時は、気持ち悪くて仕方なかった私がいたのも事実です。

それにしても時が経つのは本当に速いですね…まさか25年も生きているとは思いもしませんでした。

関連記事

no image

2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母親はどうしていたのかというと、

記事を読む

no image

昨年、発症がわかった脳動脈瘤について

2021年の暮れ、母親の認知症(夜の徘徊)とそれにまつわるストレスが重なり脳梗塞を発症しました。

記事を読む

no image

無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。 そう

記事を読む

no image

認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょうか?(それに対する対処法)

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。 実際、私も「あれ

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

no image

高次脳機能障害について

みなさんは「高次脳機能」という言葉を知っていますか? 私たちの脳はとても高度な働きをしていて、

記事を読む

no image

友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、なんか急に頭が痛くなった」と…

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑