*

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

2016/01/25 | 脳内出血体験談

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかしくモノを見る場合サングラスが必要でした。又体温が私の場合で36度台で収まっているのが37度以上を超え

続きを見る

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

2016/01/25 | 脳内出血体験談

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎるのです。それと仕事をする場合、ちょっと計算が鈍い、判断が出来ない、一度言われただけでは覚えられない

続きを見る

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

2016/01/25 | 脳内出血体験談

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞は脳が壊死していきますので他の病気を併発する場合もあります。   脳梗塞や脳卒

続きを見る

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

2016/01/25 | 脳内出血体験談

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッドで横になり眠っていると1歳を過ぎた長男を抱えながら妻は脳神経内科の先生に失明する可能性があると告げら

続きを見る

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

2016/01/25 | 脳内出血体験談

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの長男もおり順風満帆な生活の中での発症でした。   それはお風呂からあがってきて

続きを見る

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

2015/08/24 | 未分類

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

続きを見る

脳血管障害に欠かすことができない画像診断~CTスキャン~

2015/07/24 | 未分類

脳血管障害の有無をチェックする場合、必ず行われるのは画像診断(CTスキャン)です。 CTスキャンはさかのぼること約30年前、イギリスの学者によって発明された画期的な診断です。 CTスキャンを経験し

続きを見る

脳血管障害が再発しないための薬について

2015/07/24 | 未分類

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そしてそうした薬剤は、「良くなったから中止」するモノでもありません。 つまり、一生飲み続けなければならな

続きを見る

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

2015/07/24 | 未分類

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階では)。 しかし今、脳卒中によって発症した後遺症(片麻痺)に対して新たな取り組み~「麻痺した指を自

続きを見る

脳血管障害を発症した芸能人

2015/07/24 | 未分類

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項では、脳血管障害を発症した芸能人について触れてみたいと思います。 ○磯野貴理子さん… 2014年

続きを見る

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑