*

脳血管障害と異常行動について

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 脳内出血体験談

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU(集中治療室)で病状経過を診ることになります。

病状経過を診るとは、「血圧を抑えることができているか/脳内に溜まった血液を抜くことができているか」を意味します。

そしてある程度脳の状態が安定すれば、ようやく一般病棟に移されることになります。

しかし一般病棟に移されたからといって、病状が安定しているわけではありません。

それから数週間は、異常行動との戦いになります。

異常行動とは、まったく自覚なしに本人がいろいろな言動をしてしまうことをいいます。

〇看護師に向かって「お前、本当にぶっさいくやなぁ。死んでしまえ」といった言葉を発する。

〇とにかく気付いたら手足をバタバタさせてしまう。

実は脳血管障害を発症したは、必ずこうした異常行動がでるというのです。

では何故、こうした異常行動が出てしまうのでしょうか。

確かに病状が安定してICUから一般病棟へ移されたかもしれませんが、実は脳の機能は完全に正常に戻っていないのです。

つまり一般病棟に移されて1~2週間は脳圧が高くなっている状態なので、今までの自分ではない言動が頻繁に起こってしまうのです。

だから、看護師だけでなく医師や家族にもわけのわからない暴言を吐いてしまうのです。

また異常行動の1つに、夜無意識にベッドから起き上がり歩き出そうとすることがあります。

私自身、一般病棟に移された夜から、就寝時間はベッドで手足を拘束されていました。

そして真夜中になると健常者と同じように歩くことができると勘違いしてしまい、ベッドから立ち上がり歩こうとするのです。

もちろん右片麻痺になっているため、歩くことはできません。

手足を拘束されたままベッドの下に落ちて、もがき続けているのです。

ちなみに拘束されている部分は、両手足と腹部です。

医師や看護師は、脳血管障害発症直後の患者の行動を熟知しているから問題ありません。

正常に戻った時、笑い話のように話してくれます。

しかし身内や親族はこうした患者の言動を見て、どうしたらいいのかわからず、うろたえてしまうことも多いといいます。

もしみなさんの大切な人が脳血管障害を発症した場合、ほとんどの患者が私のような異常行動を起こしてしまうことを頭に留めておいて頂きたく思います。

1~2週間すれば脳圧も正常になり、必ず以前の普通の人に戻ります。

ちなみに何週間も異常行動が続いた場合、脳内に別の病状が潜伏している危険性があります。

関連記事

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むよう

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑