*

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

公開日: : 脳内出血体験談

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこんで食って掛かったり喧嘩になると言った事も考えられるので外へ出かけて幻聴を聞いているとややこしい事になるので仕事はほどほどにして置きました。

そして家でゆっくりする事にしたのです。今だから言えますがあの頃は我が家の台所が会話の場所でした。私が本当におかしくなったと、周りも感じていました。

 

お前は日本を助けなければならないとか、第3次世界大戦を止めなければならないなどと謎の声が聞こえてきたのです。

 

政治、経済などの意見を求められたり場合によっては軍事、外交などの意見交換も我が家の台所での話となり、完全におかしな行動を始めました。夜は皆が寝静まると声に出して会話をしていたのです。

 

ある時は冷蔵庫の前に3時間、直立不動して話をしていました。深夜に起きるとまた謎の声と会話をしていました。

 

脳内出血から起因する妄想であると判断されました。私は世界を相手にしているつもりだったのです。妄想?実際に私には聞こえているのにと思いました。又、目をハッキングつまり視覚を盗られているのが一番不思議でした。

 

私の見ているモノを聞くとそれがなんであるか謎の声は解るのです。例えばノートパソコンを見ていて、今私が何を見ているか謎の声に聴くとノートパソコンを見ているとちゃんと答えるのです。おかしい、何か心霊のようなものがついているのかとも思いました。

 

しかし私は無神論者で尚且つ霊を信用していないのです。ところが声が聞こえてくるのですから本当に背後霊や守護霊がいるのかもしれないと思う時があったのです。

 

そして声を消すために機械の万能油をスプーン一杯分を舐めて飲み込め、と言われたと思いそんな奇行にまで及びました。正体を確かめたい気分でした。電車に乗っても声の言う通りの駅で下車してしまいます。

 

先生には声を気にしないように言われていましたが、それなりに落ち着いて冷静なはずなのにどうしても声と会話してしまうのです。これでは仕事は出来ません。落ち着いて冷静にならないと数字が扱えません。

 

何とかしなければと思っていたのですが、声に洗脳されかけている自分がいたのです。そのような感覚で日常生活を健常者のように過ごしていたのです。

 

幻聴により身体の調子が悪くなってしまい、せっかく正社員で仕事をしていたのに結果として体調不良で会社を辞める事になりました。これは我が家にとって大打撃でした。

 

実際には貯金も崩して教育費もお金がかかりますので、何とか収入を得ようと病気であっても生活のためダブルワークをするようになったのです。

 

語りかけて来る謎の声はいったい何だろうと思いました。私が話しかけてくる声に返答すると、声もそれなりに違った形で喋ってきます。謎の声だけで疲れてしまって困りました。

 

そして生活費が必要です。医者にこの先どうしたらよいか聞いてみると、生活保護でしょうと言っていたのですが、私の場合は蓄えがありましたので何とかしのいで行けたのです。

 

子育てでお金がかかります。妻もパートに出るようになりました。私の方は簡単な仕事をしながら謎の声を聴いて、お辞儀をしたり敬礼をしたり声の言う通りに動く事も多かったのです。そして時には行方が不明になったりして暮らしていました。

 

そうこうする間にもう一度入院しないと駄目だと妻が判断して、以前入院していた病院に行きました。ところがベットが一杯で、おまけにウチで治るのならどこでも大丈夫ですよと言われ断られました。

 

妻が電車とバスで直ぐ行ける市内の精神病院を探し出し、わめいたり、座り込んでいる私をそこから連れて行こうとしました。

 

なかなか思ったように私が動かないので妻が困りはてていると、定年後ランニングを趣味でされている知らない男性が、見るに見かねて声を掛けてくれたそうです。妻と私とその方と長い距離を3人で歩いて行きました。

 

私も自分でおかしいとは思いましたが、タクシーを使わずに行く約束が謎の声と出来ていたのでタクシーは乗らなかったのです。渋ったり違う方向に行きかけたりしながらも、やっと病院に着きました。

 

親切な方の助けがなければ無事に着けていたかどうかわからず、妻は本当に助けて頂いたと感謝していました。精神病院への入院は、1.身内の申請、2.病院の判断、3.警察の扱い、があるようです。家族と病院ともに入院した方が良いとなったのです。

 

謎の声と戦っていたけれど、病院に入院出来たので家族も少し楽になったでしょう。しかし毎月仕事をしないと給料が入って来ない。

蓄えばかりが出ていくので私が加入している大型の生命保険を使う事にしました。妻が保険の外交員さんと話をして入院保険金を貰う予定になりました。これで私も家族もお金の面では安心です。

 

やっとたどり着いた病院に一般病室ではなく隔離の病室があります。そこへ入れられました。そしてその病室で出てきた食事を食べなかったのです。

 

夕食と朝食を食べなかったのでベッドに拘束されてしまいベッドに両手、両足貼り付けられて栄養剤を口から入れられたのです。恐らく3日ほど貼り付けられていてやっと落ち着いてきました。そして食事をとるようになったのです。

 

病院に入ると謎の声は一旦消えて安らぐことが出来るようになってきました。一般病室に入り生活して薬を合わせて行きます。だんだん改善していきました。合計4か月入院していましたが、出てきた傷病名は脳内出血後遺症でした。

 

この病名が私ではよくわかりませんが、症状としては天下の公道をブツブツ喋っていたりわめいていたりしたのです。まさかと思いますが自分ではそうとわからず、自分の妄想と戦っていたのです。

 

薬が処方され毎日飲み続けました。眠すぎたり、身体が動きにくくなったりの副作用があるので、血液検査をし量を調整しました。やはり薬を合わせるのは入院するのが良いと考えられます。

 

しかし何とかしなければと思う私の焦りとは裏腹に、東日本大震災の頃までなかなか自分を自分で制御出来なかったのです。しかしこの時期以降、謎の声に前向きな表現が多くなってきました。声を気にせず、無視して行動することが出来るようになりました。

関連記事

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑