*

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

2015/04/16 | 未分類

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょうど友人と一緒にいたことです。 もし友人がいなければ、もっと病院への通報は遅くなり~今以上に深刻な

続きを見る

障害者手帳の等級の違いについて

2015/04/16 | 未分類

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害者手帳2級が支給されていますが、では1級と2級にはどのような違いがあるのでしょうか。 ○身体障害者

続きを見る

二度となりたくない隠れ脳梗塞

2015/04/16 | 未分類

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると、目に見える脳梗塞を発症しさまざまな後遺症を残すことになります。 一方、隠れ脳梗塞とは脳梗塞と同じ

続きを見る

片麻痺~家でのリハビリを考える~

2015/04/16 | 未分類

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすることも考えられます。 しかし約3ヶ月経過すればリハビリ施設を退院するため、否応なしに自宅療養という形で

続きを見る

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

2015/04/16 | 未分類

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害を持つようになってしまったのでしょうか。 ここでは、右片麻痺の発症について考えてみたいと思います。

続きを見る

脳血管障害と理学療法士と作業療法士

脳血管障害(=脳内出血)によって右片麻痺という障害を持った私は、リハビリだけのためボバーズ記念病院に3ヶ月入院しました。 もちろんリハビリというくらいですから、朝から夕方まで社会復帰に向けて、リハビ

続きを見る

障害者に交付される障害者手帳について

2015/04/16 | 未分類

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳を交付されます。 (※私の場合、大阪府から身体障害者手帳2級が交付されています。) というのも障

続きを見る

障害者雇用と企業側の本音と現実

2015/04/10 | 未分類

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかなり落ち込んだのも事実ですが、心の片隅のどこかに「中年で障害があれば、雇用する方も勇気がいるだろうなぁ

続きを見る

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

2015/04/10 | 未分類

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を発症してしまう症状をいいます。 数年前、京都である事件(事故)が発生しました。 癲癇であることを

続きを見る

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

2015/04/10 | 未分類

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失語症とは… 脳の言語中枢を司る細胞が壊死することによって、言葉による表現や理解ができなくなるだけで

続きを見る

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑