*

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

公開日: : 脳内出血体験談

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりではありません。普通に出かけて検査用の服に着替えMRIの機械に入るだけです。

 

カテーテル検査の場合は、もし血管が何らかの問題で詰まって死んでも構わない旨の同意書まで必要でした。しかしMRIはそんな事はなく、気軽に検査を受ける事が出来ます。

 

薬剤を注入して血管の流れを調べる事もあるようです。何らかの事故を想定すると最悪の場合の同意書が必要なのかもしれませんが、私は薬剤注入をしてMRIを受けた事はないのです。

 

外科手術後、通常のMRIで定期的に検査を受けていました。ただ寝ているだけですので苦痛を感じる事はありません。そして検査の結果非常にきれいな脳であるという答えを貰い、その後又1年に1回程度MRIの検査をしてもらう、そういう生活でした。

 

そして人それぞれですが、私の場合は放射線治療をしたところが消えておればよいので、その答えを貰うまでMRIで検査していました。経過を見るためのカテーテル検査は手術後数年してから1度だけしています。

 

何年かして放射線治療したところが消滅したので、完治したとの判断を貰いました。もうそれ以上は脳神経外科へは行っていません。但し薬はずっと飲む様になりました。薬は地元の開業医に出してもらう事になりました。

 

これは普通の内科へ風邪薬を貰いに行くという感覚ではありません。極端に言うと死ぬまで、外科手術をしたことによる不具合を避けるための薬を飲む事になったのです。

 

私の飲む薬は治療薬ではありません。脳の中枢神経を制御する薬を、今の元気な状態を保つための予防薬として毎日飲んでいます。

 

MRIであれば脳梗塞の状態も良く解ります。脳梗塞になったばかりの脳の画像でも、経過して脳梗塞が進んでいる場合でも大切な情報です。検査をしてもらい、納得して日常の生活を過ごすのが一番良いかと考えられます。

 

私の場合、もしも具合が悪くなれば、脳神経外科へ救急車で搬送されるのでしょう。けれど発症して手術を受けその後落ち着いていたので、わざわざ病院に行く事もなく、薬を飲む事で普通に暮らせていたんです。

 

問題のない生活に思えていたのに、後で重大な病気になってしまいました。これは脳梗塞でも認知症でもなく脳内出血後の障害と言う事になります。脳の病気は全く健常者と同じように見えますのでちょっと厄介です。

 

私のお祖母ちゃんは96歳で他界しましたが94歳までは非常に元気でした。ところが脳の病気が出てきて、ちっちゃな小人が歩いているとか今までの友人の名前を夜に大声で呼んでいました。

 

最後の2年間は結局、脳梗塞気味で色々話をしてもおかしい事を言っていたのです。一軒家で近所の人達は気が付かなかったと思いますがなかなか大変でした。90歳を超えると元気でもMRIで調べてもらった方がいいのかなと思っています。

 

「謎の声が私を苦しませ始めました」

 

さて話を私に戻します。2人の子供も妻も元気で、私も正社員として再就職し安心して仕事をしていたのですが、突然とも言えるように後遺症が現れました。今から10数年くらい前、再就職して5年くらいしてから、急に自分の周りで人の声がしだしたのです。

 

それは人の声が日本語で微かに聞こえて来たのです。後で幻聴であるとわかったのですが、当時は全く幻聴の意識も知識もありませんでした。

 

まず私が考えたのは、謎の声が聞こえてくると言う事は家のどこかに発信機が置かれていると家中を探しまわって、機械を見つけようとしていたのです。

 

外出する場合も誰かが発信器を持って後をつけてきて私に話しかけるような気になりました。実際に言葉が聞こえて来て誰かにつけられている、そんな気がしました。今になって考えてみると、人間が相手だと思いこんでしまっていたのです。

 

それからが大変でした。会社に行って仕事をしていても謎の声はついて回り段々とひどくなってきたのです。一緒に仕事をしている人達にしても家族にしても、何か私に対して企んでいる、そんな気がして来たのです。

 

朝10時出社で午後4時までの勤務に時間を変更してもらい、一人で謎の声と戦っていました。殺してやる、と言われていた気がしたり、家族が盗聴器を仕掛け発信器を取り付けているのではないかと思うようになりました。

 

会社から戻ると一人で外へ出かけバスに乗るなどして気を紛らせていました。幻聴で他の人が何か言っていてそれを真に受けて喧嘩にならずに良かったです。

 

段々幻聴がひどくなり、お前は秘密警察か!と言われていたり、一人でタバコを吸っていても外国人の3人の殺し屋が来て訳の解らない言葉でしゃべっているように感じたりしたのです。

 

とても普通に暮らせなくなり大学病院の精神病棟に入院という事になりました。最終的には、まだもっと後になって幻聴は薬によって収まったのです。入院して少し落ち着いてきたのですが、その頃は身体を調べてもらっても悪いところはありませんでした。

 

恐らく脳外科手術から起因するものか脳内出血の影響であろうと医者は判断したのです。そして今度は精神病棟で入院している人達が信じられなくなり、退院してしまいました。とにかく後は外来で診察してもらう事にしました。

 

そして時間の経過を待ちました。精神が安定するようにリスペリドンと言う薬を主に、そのほか数種類の薬も合わせて飲むようになりました。

 

結果として再就職した会社は休職するしかありませんでした。しかし一家四人の生活を守らなくてはなりません。

 

もう会社に戻れないだろうと思い、簡単なアルバイトを何でも良いので2つしよう、休みもないな、などと考えていました。但し会社が幸い傷病手当金の扱いをしてくれました。この先どうなるのだろう、もしくはどうしようと考える事が出来て良かったです。

関連記事

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑