*

尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

公開日: : 尿路結石治療方法

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私です。
尿路結石の激痛を知っている人は判ると思いますが、とてもとても耐えられる痛みではありません。私の場合、その痛みが尿路結石だろうと判断してしまいますから、常に用意している鎮痛剤のボルタレン座薬を入れて、痛みが軽減するまで我慢して、自分で病院まで行く事になります。
実際、そんな激痛の時、119番に電話して救急車に来てもらうべきかの判断が難しいのですが、今までの経験上、救急車を呼ぶ判断が正しいと思っています。
私の場合は、自己判断で尿路結石の痛みと思っていますので、痛みが軽減するまで待って、自分ひとりなり、家族に車で連れて行ってもらうなりしていますが、耐えられない激痛が走った場合は、迷わず救急車を呼んだほうが良いと思います。
その理由は、病状は自分で判断せず、専門家である医者の診断をしっかり受ける事が必要だからです。どのような病気であるかは、専門家の医師が判断します。重大な病気である可能性もあり、早い判断が必要な場合もあるからです。私の頭の中には「尿路結石は、病気のようで病気でないもの」と言われた事が記憶にあり、救急車を呼ぶのに躊躇してしまうのです。
激痛は、いつ襲ってくるかわかりません。過去の経験から、病院の開業中は、外来者も多く、手続等で時間がかかり、診察を受けるまでにはかなりの時間がとられます。救急であっても、すぐに診察や手当をして貰えないのが現状です。夜間の場合でも、夜間救急外来も、ことのほか混んでいることが多く、すぐには診察や治療はしてくれません。どの様な場合でも、激痛が襲ってきたら、早い治療が必要な場合もありますから、迷わず救急車を呼ぶ事をお勧めします。
ただし、救急車をタクシー代わりに呼ぶような不届き者もいるようですが、絶対にそのような行為をしてはいけません。「こんな事で救急車を呼んで良いものか」と思われる方は、まずは119番に電話をして、詳しく症状を伝えて、判断を仰げば良いと思います。
救急の場合、受け入れ先の問題もあります。受け入り先がなく、たらい回しになって手遅れになったというようなニュースを聞く事があります。確かに救急の場合は、夜間に受け付けている病院の数も少なく、当直の医師が専門外の場合もあったりするので、なかなか難しい問題です。そこで、救急隊の方に任せるのではなく、日ごろから利用し易い病院を、自分で選んでおくのも良いと思います。
私の場合は、お願いしたい病院を決めています。それは、重大な病気で、そのまま入院になった場合に、家族が行きやすい病院だという事と、何度か受診したり、入院した経験があるからです。
私の選んでいる順番は、武蔵野赤十字病院、武蔵野陽和会病院、杏林病院の順で、最近できた徳洲会病院が4番目になります。我が家から少し遠くなりますが、昭和病院も頭の中に入れている病院の一つです。
武蔵野赤十字病院、武蔵野陽和会病院、杏林病院に関しては、古いものもありますが、診察券も持っていますので、カルテが出て来ることは、病院側でも便利に感じてくれるはずです。どこまで管理されているかは不明ですが、現在では紙ベースのカルテではなく、デジタル化されたデータが見れるので、良いのではないでしょうか。
もう一つは、町医者であっても、しっかり主治医を持つことも大事だともいます。その昔は、往診をしてくれるような医院もありましたが、今はなさそうです。それでも、身近に知り合いの主治医を持っていれば、緊急の場合アドバイスも貰う事が出来るでしょう。
救急車を呼ぶ場合の「ためらい」の中に、ご近所迷惑になるサイレンの音があります。夜間などの場合、特に気になる事です。その場合は、救急隊に連絡する際に、詳しい自宅の地理を教えることや、あまり近くでサイレンを鳴らさないで欲しいとお願いすればよいでしょう。入り組んだ道路の場合は、家人に頼んで、判り易い場所まで行って、待機して誘導すれば万全だと思います。
いろいろ注意点もありますが、緊急の事態の場合は、迷わず救急車を呼ぶ事をお勧めします。
何度となく自分で乗ったり、家族のために呼んだりした経験から書かせていただきました。

関連記事

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

腎結石、尿管結石除去手術

2005年9月尿路結石の痛みと、父の死で、混乱していた事もあり、その当時のことは、鮮明には覚えていま

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれるプリン体は、体内に入ると変化し

記事を読む

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

尿路結石の症状

それは本当に突然の事でした。夜明け前に物凄い腹痛が襲ってきて、大の男が悲鳴を上げ程の激痛なのです。早

記事を読む

no image

腎臓結石の手術 西窪病院(現武蔵野陽和会病院)

2005年9月24日、5月から入院していた父が亡くなりました。 5月に毎年行われる京都で行われる剣

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑