*

久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。

実は1991年に嫁さんと2人で熊本県の馬刺しを堪能して、それからJR九大本線を利用して大分県の湯布院の旅をしたことがありました(2泊3日の旅)。

その時はまだ子どもも授かっていなかったので、気晴らしにどうかと思って…。

そして何故、2泊3日でこのルートを選んだかというと、当時の私が九州全県を担当していたからです。

「担当している間に、一度は嫁さんにも堪能してほしかった」わけで。

そして今年(2017年4月)、その当時を思い出しながら1泊2日の湯布院の旅をしてきたのです。

大阪から大分まで飛行機で、それからは電車で湯布院まで…。

湯布院の駅に降り立った時、写真も撮っていたこともあり、改めて情景が蘇ってきました。

1991年の時は、私の友人に湯布院の貸し切り民宿を頼みました。

確か、40,000円前後だったと思います。

正直、2人には広すぎる部屋だったと記憶しています。

そして今年も同じような雰囲気を味わいたいと思い、 「由府両築(ゆふりょうちく)」という旅館を頼みました。

1泊2日で32,000円(1人16,000円)。

由府両築は大正ロマンを色濃く残す宿で、完全貸切制の4つのお風呂と美食を堪能することができました。

実際に行ってみると、まさしく大正ロマンの風情を感じることができる素晴らしい旅館でした。。

夕食が出る前に、嫁さんと貸し切り風呂を満喫。

そして夕食は豊後の幸タップリの会席料理です。

本当に何もかも美味しかったです。

考えてみれば、2人きりでお風呂に入るなんて何十年ぶりだったでしょうか。

1991年当時ともっとも違うことは、私が右肩麻痺になっていること。

嫁さんも当時を振り返って、少しだけしんみりしていたような…。

でも改めて湯布院に戻ってくることができたことが、私たち夫婦にとって最高の喜びだったことは言うまでもありません。

翌朝は少し早めに起床して、金鱗湖(きんりんこ)を探索。

珍しく霜がかかっていて、何となく余計に情緒溢れる感じがしました。

最後に1991年の余談を少し。

私は夕食を食べ過ぎたせいか、翌朝に酷い吐き気と頭痛に襲われて…。

JR日豊本線で小倉まで行き、それから新幹線で帰ったのですが、まぁ、大変な1日でした。

今でもたまに思い出します…いったい何があたったんだろう。

こうして話ができるのも、副業に成功したからだと思います。

ということで、今度は北海道を旅行したことをブログに乗せようと思います。

関連記事

no image

ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。 「あなたは寝付くまでに、

記事を読む

no image

11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「松葉ガニ」ではないでしょう。

記事を読む

no image

ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今までよく生きてこれたと思います。

記事を読む

no image

昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」という時なのに、すべての夢を無

記事を読む

no image

待ちに待った4Kテレビを購入

十数年前、私も仕事人間だったこともあり、年2回のボーナスを楽しみにしていました。 しかし脳内出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑