*

ボバース記念病院に通院した体験談

私はリハビリ専門施設:ボバーズ記念病院へ入院した3ヶ月間がなければ、今のような人生を過ごしていないと思います。
何故ならボバーズ記念病院に入院していなければ、「私は世界中で一番可哀想な男」という思いを断ち切ることが難しかったと思うからです。
初めてボバーズ記念病院に行った時、私は本当にビックリしました。
私と同じような障害を持った老若男女たちが、たくさんいたからです。
(※多分、障害者にならなければ障害者の存在自体がわからなかったと思います。)
もちろん私より軽度な障害者もいましたが~私より若いのに障害が重たい人もいました。
私は、その風景に圧倒されました。
そして、自分が入院する部屋を案内されました。
8人部屋…いわゆるタコ部屋です。
自分のスペースは、薄いカーテンで仕切られているだけ~話している会話もまる聴こえです。
しかし1週間もすると、8人部屋に入れられる理由がわかりました。
障害を発症してしまった人は、自分の殻に閉じこもってしまう傾向にあります。
ボバーズ記念病院は、殻に閉じこもってしまった自分を引きだすために8人部屋に入れているのです。
みんな同じむじな~仲間だからこそ殻から抜け出し、自分の今の気持ちを話せるようになるのです。
こうして自分の殻から抜け出せれば、次に考えることは「少しでも自分の障害をよくしたい。」という思いでした。
そうした気持ちに応えるように、ボバーズ記念病院には「理学療法士/作業療法士/言語聴覚士」が常備しています。
とにかくボバーズ記念病院に入院した3ヶ月間は、リハビリオンリーの生活だったわけです。
「私なんかよりもっと重い障害を持っている人が、リハビリに頑張っている。」
こうした光景をどこでも見ることができたことは、私にとって貴重な体験でした。
そしてその貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。
ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています(=薬とリハビリ)。

関連記事

no image

脳血管障害と理学療法士と作業療法士

脳血管障害(=脳内出血)によって右片麻痺という障害を持った私は、リハビリだけのためボバーズ記念病院に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑