*

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

公開日: : 最終更新日:2018/04/16 未分類

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材でした。
そして現在の私は、順風満帆なライフワークを過ごしているといっても過言ではありません。
実は今回、私と同じように先生様に救われた兄弟子が、情報商材を発表したという連絡が入ったので、みなさんに広告(連絡)させて頂こうと思いました。

その情報商材が「http://www.okanemoti-navi.info/()」になります。(販売が終了しています。)
読んでいただければわかると思いますが、至って真面目な情報商材です。
そしてもちろん、私自身も内容を確認させて頂きましたが、間違いなく稼ぐことができる情報商材だと確信しました。
セールスレターでは、謙遜しているのでしょうか、稼ぐ収入を小さく提示されているようですが、現実はもっと稼げると思います。
私のようにいろいろなフルサポートを受けた人間から言わせてもらうと、何十万という単位以上に稼ぐことができると思います。
ここで、私からの提案という助言があります。
「まずは十万単位の副業収入を確実にものにしたい。」と考えている方であれば、兄弟弟子の情報商材で問題ないと思います。
当然、その対価としての情報商材料金は安くなります。
そして、仮に「私のように1からフルサポートしてもらうことによって、100万円単位で稼ぎたい。」と考えている方であれば、先生様の情報商材をお勧めしたいのです。
対価に比例するため、入塾料金は高くなります。

考えてみれば(私もそうですが)、先生様のフルサポートを受けることによって、たくさんのお弟子さんが多方面で活躍しています。
いわば先生様は、18世紀後半に起こった産業革命者なのかもしれません。
産業革命が社会経済の仕組みを根底から覆すように、まさしく先生様の考えはそれに相通じると思うのです。
そしてイギリスで起こった産業革命は、世界各国に広まっていきました。
例えばアメリカや日本であれば私や兄弟子…そして諸外国(韓国や中国)であれば私の弟子になるわけです。

それに対して、疑問を投げかける人がいるのも事実です。
『あなたが情報をフルサポートすることによって、あなたのビジネスを真似る情報起業家(=韓国や中国)が出てくることに抵抗感はまったくないのか!」
その問いかけに対して、私はこう答えます。
『すべての事柄(経済成長)は、模倣から始まります。』
『一昔前、日本は模倣の国と揶揄されていました。しかし模倣することがヒントになり、新たな事柄を生み出しているのです。』
つまり真似をされることを悔しいと考えるのではなく、有難いと考えているのです。
もしこれからも真似る人が出てくるのであれば、歓迎すると思います。
知る機会を得た人が、それを実践して副業収入(本業収入)を得る…素晴らしいことだと思います。
私は真似されることについて抵抗を感じません。
逆に、お互いが切磋琢磨できる良い機会だと捉えることにしています。

関連記事

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

アフィリエイター様を募集致します。

現在、私が販売させていただいてる、ネット副業で稼ぐ方法の情報商材を紹介していただける方を 募集いたし

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

Comment

  1. 高橋 より:

    突然失礼致します。
    まだこちらの情報商材は販売していますでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

no image
脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら

no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑