*

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

公開日: : 最終更新日:2017/07/21 未分類

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに50歳を超えました。

今までの人生を振り返ってみると、私にとって文明の利器:インターネットの登場は救世主だったのかもしれません。

いや…その前に脳血管障害(脳内出血)を発症するまで勤務していた会社が、救世主だったのかもしれません。

何故なら、早くからパソコンの導入を踏み切ったのが会社であり、

その会社に勤務していなければ、パソコン(インターネット)と触れ合う時間は、まだまだ先のことだったと思うからです。
(※その当時、40万円もするパソコンを購入することもなかったと思います。)

病気発症後、必死になって資格を取得…それをちっぽけな自信として近場の会社の就職活動をするも、すべて断られる。

たまたまインターネットを検索していた時、SOHOという言葉を初めて知る。

インターネットを通じて収入を得ることができること知り、全精力をSOHOに傾ける。

そして副業(情報商材):先生様との出会い…。

身体が不自由になってしまった現実を垣間見た時、人より身体的能力が劣ることをまざまざと認識させられました。

そればかりか、家族を養う生活能力=仕事も失いました。

私は昔から口癖で、「人生、みなトントン」という言葉を言っていました。
「多少の良し悪しはあっても、最後はみんな同じようなもんだ。」という意味です。

今の私にとって、まさにその言葉が生きる気力になっているかもしれません。

本当にインターネット副業という仕事があるこの時代に生きていて、本当に良かったと思っています。

 

関連記事

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

no image

アフィリエイター様を募集致します。

現在、私が販売させていただいてる、ネット副業で稼ぐ方法の情報商材を紹介していただける方を 募集いたし

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

no image
ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。

no image
待ちに待った4Kテレビを購入

十数年前、私も仕事人間だったこともあり、年2回のボーナスを楽しみにして

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑