*

在宅でしか仕事ができない人への助言

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」

私のように病気によって何かしらの障害を持つことになった人たちは、自分自身の将来像に対して悲観してしまうかもしれません。

事実、私もその一人でした。
(※脳血管障害=脳内出血による右片麻痺を発症…身体障がい者2級)

しかし、いつまでも悲観ばかりし続けていてはいけないのです。

何故なら昔と違い、今は誰でも情報をキャッチすることができるインターネットという優れモノがあるからです。

そして障害を持った人たちにとってこそ、インターネットは希望の光なのです。

インターネットがあることによって、世界で起こっている情勢等々をチェックするだけでなく、自分自身の生活に直結している副業サイトが数限りなくあるからです。
(※ただしそのサイトの中には、私たちを騙そうとしているサイトがあるのも事実です。)

私のように右片麻痺の障害を持ってしまったならば、左手で入力することを勉強し、自分にできうる副業を探せばいいのです。

どうしてもチャレンジしてみたい副業があるのであれば、それに向かってまい進し続ければいいのです。

是非、そうしたチャレンジ精神を忘れないでください。

時間は人並み以上にかかるかもしれませんが、それもまた自分の人生だと受け止めてください。

すべてを受け入れることが、自分自身が立ち直るきっかけとなるからです。

そして、ドンドン副業業務に応募し続けてください。

もちろん、副業依頼者は私たちのような障害を持ち…なおかつ、副業初心者を受け入れないかもしれません。

しかし、「継続は力なり」です…「捨てる神あれば、拾う神あり」です…。

必ず、そうした人に巡り合えると信じて行動を続けてください。

在宅でしか仕事ができない人への助言…
「自分自身の境遇を受け入れれば、そこから新たな第二の人生が始まります。」

関連記事

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

ライティング業務

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。 (※当然、デ

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑