*

脳梗塞と再発を考える

公開日: : 未分類

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません。

しかし最近になって、脳梗塞を発症しても3時間以内にある薬を投与すれば、片麻痺などを回避することができるようになりました。

その治療薬を「血栓溶解療法(t-PA治療)」といいます。

ただ脳梗塞を発症した人が、全員3時間以内に血栓溶解療法ができるわけではありません。

例えば周りに人がいなければ、到底3時間以内の投与は無理になります。

そんな脳梗塞を発症した人にとって、もっとも気がかりなことといえば、やはり再発率の恐れだと思います。

事実、脳梗塞の再発率は3年以内なら20~30%と高い数字を示しています。

ちなみに脳梗塞が1年以内に再発する確率は、「ラクナ梗塞→約5%・アテローム梗塞→約6%・心原性梗塞→約8%」という統計が出ています。

では脳梗塞の再発率を極力避けるために、私たちはどうする必要があるのでしょうか。

○医師によって処方された薬を続ける

脳梗塞を発症した人の中には病状が良くなったと勘違いして、医師から処方された薬を辞めてしまう人がいます。

これは、非常に危険な行為といえます。

何故なら血圧が安定し血栓ができなくなっているのは、薬を処方しているからです。

当たり前のことですが薬を辞めてしまうと次第に血圧が上昇し、その結果として脳梗塞を再発する危険性が高まります。

○生活習慣の改善

塩分を節制しなければ、薬を処方していたとしても効き目が悪くなります。

もちろん塩分を節制することだけが、脳梗塞の再発を防ぐわけではありません。

「飲酒を控える/喫煙をやめる/ストレスを溜め込まない/毎日、少しでもいいから運動を心掛ける」

上記に明記した内容を実践し続ければ、脳梗塞の再発を抑止することに繋がります。

では仮に上記に明記した怠ったため、脳梗塞を再発してしまった人はどうなってしまうのでしょうか。

基本的に脳梗塞を再発してしまうと、症状は以前より重度になります。

何故なら症状の度合いに関わらず、再発してしまうと他の部分の細胞が損傷を受けてしまうからです(より損傷部分の範囲が広がる)。

その結果、初めは両手足しっかり動かすことができていても、再発したら完全に片麻痺状態を発症することが往々にしてあるのです。

確かに脳梗塞を発症しても何も症状が変わらなければ、通院や投薬を辞めてしまいたくなるかもしれません。

しかし、私たちはその裏に隠された脳梗塞の再発という事実を受け止める必要があるのです。

だから絶対に、自己判断で薬を中止するようなことはしないでください。

脳梗塞の再発に油断は禁物です。

関連記事

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
子どもたちが発症する脳梗塞

一般的に、脳梗塞は中高年層以上の方に多く発症する病気だと言われています

no image
西城秀樹さんの脳梗塞について解説

歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で亡くなりました(享年63

no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑