*

脳血管障害と異常行動について

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 脳内出血体験談

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU(集中治療室)で病状経過を診ることになります。

病状経過を診るとは、「血圧を抑えることができているか/脳内に溜まった血液を抜くことができているか」を意味します。

そしてある程度脳の状態が安定すれば、ようやく一般病棟に移されることになります。

しかし一般病棟に移されたからといって、病状が安定しているわけではありません。

それから数週間は、異常行動との戦いになります。

異常行動とは、まったく自覚なしに本人がいろいろな言動をしてしまうことをいいます。

〇看護師に向かって「お前、本当にぶっさいくやなぁ。死んでしまえ」といった言葉を発する。

〇とにかく気付いたら手足をバタバタさせてしまう。

実は脳血管障害を発症したは、必ずこうした異常行動がでるというのです。

では何故、こうした異常行動が出てしまうのでしょうか。

確かに病状が安定してICUから一般病棟へ移されたかもしれませんが、実は脳の機能は完全に正常に戻っていないのです。

つまり一般病棟に移されて1~2週間は脳圧が高くなっている状態なので、今までの自分ではない言動が頻繁に起こってしまうのです。

だから、看護師だけでなく医師や家族にもわけのわからない暴言を吐いてしまうのです。

また異常行動の1つに、夜無意識にベッドから起き上がり歩き出そうとすることがあります。

私自身、一般病棟に移された夜から、就寝時間はベッドで手足を拘束されていました。

そして真夜中になると健常者と同じように歩くことができると勘違いしてしまい、ベッドから立ち上がり歩こうとするのです。

もちろん右片麻痺になっているため、歩くことはできません。

手足を拘束されたままベッドの下に落ちて、もがき続けているのです。

ちなみに拘束されている部分は、両手足と腹部です。

医師や看護師は、脳血管障害発症直後の患者の行動を熟知しているから問題ありません。

正常に戻った時、笑い話のように話してくれます。

しかし身内や親族はこうした患者の言動を見て、どうしたらいいのかわからず、うろたえてしまうことも多いといいます。

もしみなさんの大切な人が脳血管障害を発症した場合、ほとんどの患者が私のような異常行動を起こしてしまうことを頭に留めておいて頂きたく思います。

1~2週間すれば脳圧も正常になり、必ず以前の普通の人に戻ります。

ちなみに何週間も異常行動が続いた場合、脳内に別の病状が潜伏している危険性があります。

関連記事

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

夏場に発症する脳梗塞について

7月~8月と暑さが本番を迎えるこの時期、熱中症などに注意をする必要があります。 その熱中症に加

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

子どもたちが発症する脳梗塞

一般的に、脳梗塞は中高年層以上の方に多く発症する病気だと言われています。 そして脳梗塞を発症し

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
夏場に発症する脳梗塞について

7月~8月と暑さが本番を迎えるこの時期、熱中症などに注意をする必要があ

no image
子どもたちが発症する脳梗塞

一般的に、脳梗塞は中高年層以上の方に多く発症する病気だと言われています

no image
西城秀樹さんの脳梗塞について解説

歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で亡くなりました(享年63

no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑