*

ネットビジネスで収入を得た

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 未分類

意を決して、私はhttp://gold-winner.com/のサイトへ応募しました。
(※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という形で出てきてもらいました。もちろん、出張旅費は私の負担となります。)

そして、情報商材に関する様々な方法を教えてもらいました。

またその時、次のことを言われました。
「いつ作業を行っていただいても結構です。早朝、深夜、日曜日、水曜日…一切問いません。そしてパソコンがあれば、どこででも作業ができます。」
「大事なのはコツや運ではなく、作業時間の確保と根気です。1日30分だけでもいいし、3時間やってもかいません。ただし、作業時間と収入はかなり比例するとお考え下さい。」
「参加するバージョンにもよるのですが、説明時間は2~3時間ぐらいかかると思われます。理解出来ない場合、延長可能です。宿泊代が必要ですが、連日の面接も対応させていただきます。」

私は言われた内容を必死にメモし、理解しました。

正直、あることの繰り返しで本当に副業収入を半永続的に得ることができるのかと疑念に思う瞬間もありました。

しかしまじめにコツコツと作業をし続けることによって、利益を追求することができることを教わったのです。

事実、こういう話もされました。
「勝手な妄想で、すぐにお金が稼ぐことができると思っている人はお断りしています。」
「何故ならこの情報商材はまじめで現実的な話であり、コツコツきちんと業務をする人だけが稼ぐことができるからです。」

その後、私は指示に従って業務を始めました。

わかっていたことですが、最初はわずかな収入しか得ることができませんでした。

・1ヶ月目→2.5万円の収入
・2ヶ月目→3.8万円の収入
・3ヶ月目→7.0万円の収入

この数字からもわかるようにコツコツ業務をし続けた結果、次第に収入が増えてきたのです。
・4ヶ月目→10万円の収入

そして5ヶ月目には17万円の収入を上げることができるようになっていました。

先生から「この業務を続けていけば、さらに収入を上げることができます。頑張ってください!」と…。

実は6ヶ月のサポート期間が終わった時点で、http://gold-winner.com/のサイトの講義は終了になるのです。

しかし私はそれ以降もコンサルティングも希望したので、有償で継続することにしたのです。
(※私の毎月の収入分20%が、コンサルティング料となります。)

そして現在ですが…自分でも不思議だと思うのですが、普通のサラリーマンの収入を余裕で超えています。

1年前まで「どんな副業をしたらいいのか」悩み迷い…そして偶然見つけた情報商材によって、私の運命は大きく変わったのです。

脳血管障害(脳内出血)で倒れ右片麻痺になったのも人生なら、今の私の月収も自分の人生…

私は、本当に救われました。

関連記事

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑