*

痛風患者でも飲むことができるお酒

公開日: : 最終更新日:2016/07/01 痛風治療方法

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。
まだ子供の頃から、居酒屋の軒先にホッピーの文字を見る事がありました。一体なんだろうと思っていましたし、それがお酒である事は、後々大人になって知りました。
ホッピーはアルコール度数ゼロの麦芽発砲飲料です。
「プリン体ゼロ」とうたう様になったのは、ビールにプリン体が多いという話が出るようになってからの事で、昔から「プリン体ゼロ」をうたってはいなかったと思います。最近では、プリン体ゼロのビールなども開発され、ビール会社でも「プリン体ゼロ」や「糖質セロ」を掲げるビールも出回っていますが、元祖プリン体ゼロのアルコール飲料は、ホッピーと言って良いでしょう。
ホッピーは先にも書きましたが、それ自体はアルコール飲料ではありません。ハイボールを作る時の炭酸や、ハイサワーに入れる炭酸飲料、ウーロンハイを作る時のウーロン茶などと同じように、アルコール飲料に入れて飲むのがホッピーです。ビールが高価な時代、焼酎にホッピーを入れてビール風の飲料として飲まれました。安価な事から庶民の飲み物として定着しました。
酒好きの私は、お酒はどんな種類でも飲むのですが、あまり得意ではないのがビールです。ですから、ビールで尿酸値が上がったのではないと思っています。ただお酒が好きだという事は、それだけ珍味が好きな訳ですから、ホルモンなどのプリン体の多いモノを良く食べてしまいます。鮟肝や干物と言ったプリン体の多いモノをつまみに飲みますから、尿酸値が高くなるのは当たり前ですね。今は食べられなくなりましたが、生の牛レバーのレバ刺しなどは大好物でした。カツオの刺身なども大好きですから困ったものです。
ホッピーは居酒屋などのメニューにある事が多いのですが、実は家庭でも飲む事が出来ます。居酒屋などに置かれている業務用のビンではなく、家庭用としてもスーパーや酒屋などでも販売されています。
ホッピーを作っているのは、ホッピービバレッジという会社で、以前通勤していた会社の途中に工場があり「ホッピーでハッピー」と書かれた大型の車両もたくさん見かけます。一度工場に直接買いに行ったことがあるのですが、定価販売なので、廉価店で買うよりはかなり高くて、失敗してしまったことがあります。今はあるかどうか知りませんが、家庭用にホッピーゴールドという商品があって、普通のホッピーよりも濃く深い味わいのものでした。
ホッピーの飲み方ですが、居酒屋などでは、ジョッキに氷を入れて、適量の焼酎を入れてからホッピーを注ぎます。そしてトングで掻き回しますが、これは正式な飲み方とは言えません。
ホッピーの会社が推奨しているのが「三冷」という方法で、「ジョッキを冷やす」「ホッピーを冷やす」「中に入れる焼酎を冷やす」なのです。
ホツピーから出る発泡は、それ程多いわけではありません。氷を入れたジョッキでは、入れただけで大量の発泡をしてしまいますから、氷を入れないために全てを冷やすのです。また氷を入れることで味が薄まりますから、味を落としてしまうことになるのです。
今まで各地を旅したり、出張で出掛けたりと、ほぼ日本の8割程度の都道府県に行っています。そのたびに各地の居酒屋に入りますが、住んでいる東京を含め、この「三冷」でホッピーを提供されたのは秋田県能代市で入った居酒屋の一軒だけです。この時は驚きとともに、そのお店のこだわりに感謝したものでした。
ホッピーは白と黒があります。白というのは普通のビール風であり、黒は黒ビール風の味です。勿論ジョッキに注いだときは、黒は黒ビール風の色になります。
そして、生ホッピーを提供するお店もあります。生ビールのように、サーバーから注いでくれるホッピーは、より美味しく感じます。
プリン体ゼロのホッピーは、ぜひ痛風が気がかりなお酒好きな方には、お勧めしたい飲み物です。
焼酎を入れずに、冷やしたホッピーをそのまま飲むのも美味しいですから、是非そちらも試してみてください。

関連記事

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

痛風で歩くことができない

思わぬ休みが取れたある日にことです。前日に急遽京都への一人旅を決めました。宿泊先をネットで決め、旅行

記事を読む

no image

高尿酸血症である事を常に意識し始めた

痛風の発作が出た2013年から、尿酸値の数字をとても意識するようになりました。 ネットでもいろいろ

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

no image

痛風 ロキソニン 感想

痛風という病は、自分には無縁のものだと思っていました。「風が当たるだけで痛い痛風」と言うことを聞いた

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑