*

フェブリクの使用感想

公開日: : 尿路結石治療方法, 痛風治療方法

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったのは週刊誌の記事で、痛風や尿路結石で苦しみ尿酸値を気にしていただけに、思わず読みふけってしまいました。基準値7.0㎎以下とされる尿酸値は、その時9.0㎎を超えていましたから、切実な悩みを抱えていた時です。痛風も尿路結石の再発もあり、ぜひ飲みたいと思いました。
それまで医師から処方されていた薬は「ザイロリック」で、この薬は一日毎食後飲まなくてはなりません。これが出来るようでなかなか出来る事ではなく、どうしても抜けてしまうことがあるのです。気が付くと2週間分貰ったはずの薬が、いつまで経ってもなくなりません。そしてまた主治医への定期的な通院を重ねることで、薬が余っている事を医師に伝えるのが恥ずかしくて、また二週間分処方して貰うの繰り返しで、いつの間にか大量の薬が残っていきます。
フェブリクは1日一回の服用ですので、朝飲めばそれで良いわけですし、「忘れたらその日の内に飲みなさい。毎日継続して服用することが大事。」と言われているので、フェブリクを服用するようになって、薬の服用を忘れる事がなくなりました。この1日一回というのが、実に良いわけです。
初めて使用して2週間後に、尿酸値を図るために血液を採りました。すると、それまで9.0㎎ほどだった尿酸値が、6.2㎎まで低下していたのです。驚くほどの効果を目の当たりにして、それ以来欠かさず飲むようになり、薬がなくなると通院して診察を受けフェブリクを処方して貰い、春木医院への定期便の通院が始まっています。今では処方して貰うフェブリクも、二週間分だったものを、一か月分にして貰っているので、定期便は一カ月に1回になっています。
フェブリクが何故劇的に効果が出るかというと、「ザイロリック」などのアプリノール系の高尿酸症の薬とは、大きな違いがあるのです。ザイロリックなどのアプリノール系の薬は、腎臓に働きかけて、尿酸を尿から排出するのですが、フェブリクの場合は肝臓に働きかけて、尿からだけでなく、大便からも排出されるのだそうです。
高尿酸症の患者の場合、腎臓機能が低下している場合もあり、腎臓に働きかけるアプリノール系の薬は、どうしても腎臓に負担をかけるので、その薬の使用はかなり繊細な使い方が必要らしいのですが、フェブリクは肝臓に働きかけるので、腎臓病を患っている方でも使用できるのだそうです。

注意すべき点としては、痛風の発作が発症した場合は、フェブリクによる急激に尿酸値を低下させると、かえって痛風を悪化させるので、痛風の薬だからと服用する事は避けなければなりません。
「痛風の薬」と思い込んでいると大きな間違いを起こしますので、「痛風の予防薬」と考えるのが良いようです。
この画期的な薬は、日本が開発した新薬です。日本発というのが、本当に嬉しいですね。「帝人フォーマ」という会社が開発して発売しています。
医師からの処方が義務づけられている薬のようですから、一般の薬屋では販売していません。値段はそれまでのアプリノール系の薬と比べると割高のようですが、実際医師から処方されるので,薬屋で買う売薬のように、あまり高い安いを意識した事はありません。

関連記事

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

腎臓結石の手術 西窪病院(現武蔵野陽和会病院)

2005年9月24日、5月から入院していた父が亡くなりました。 5月に毎年行われる京都で行われる剣

記事を読む

no image

尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれるプリン体は、体内に入ると変化し

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

腎結石、尿管結石除去手術

2005年9月尿路結石の痛みと、父の死で、混乱していた事もあり、その当時のことは、鮮明には覚えていま

記事を読む

no image

痛風 ロキソニン 感想

痛風という病は、自分には無縁のものだと思っていました。「風が当たるだけで痛い痛風」と言うことを聞いた

記事を読む

no image

尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私です。 尿路結石の激痛を知っ

記事を読む

no image

高尿酸血症である事を常に意識し始めた

痛風の発作が出た2013年から、尿酸値の数字をとても意識するようになりました。 ネットでもいろいろ

記事を読む

no image

痛風で歩くことができない

思わぬ休みが取れたある日にことです。前日に急遽京都への一人旅を決めました。宿泊先をネットで決め、旅行

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑