*

腎結石と尿路結石の手術の感想

公開日: : 尿路結石治療方法, 痛風治療方法

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読
んで感じます。2005年の腎結石と尿路結石の手術の事は、読み返してみて記憶の違
いがある事に気が付きます。父の葬儀もあり、混乱していた事もあるのでしょうが、父
が亡くなる前に、これほど尿路結石の痛みで苦しんでいた事をすっかり忘れていました。
そういえば、私が激痛で救急外来に飛び込んで座薬のボルタレンを貰ったのは、父の入院療養していた武蔵野赤十字病院でした。外来を終え、父の病室まで行ったことを思い出します。そして父が亡くなる前日に日記を書いていたわけです。父の葬儀の時の事は、まったく日記には書いていませんが、今思い出すと、かなり自分でも大変な状態で通夜、葬儀を喪主として行っていたわけです。
父が亡くなって一週間程のちに、腎結石の手術をしたと思っていましたが、この手術は
尿管を広げる手術で、結石除去手術の前段階の手術だったわけです。
その手術の後、1か月ほど尿管に広げるための管が入っていたのを、日記を読んで思い
出しました。日記を読まなければ、全然記憶には残っていませんでしたから、その一か
月ほど管が入っていた時の下半身の違和感を思い出すこともなかったでしょう。
父が亡くなってからの1年半は、私にとって激動の年でした。
当時母も、持病のパーキンソン病から、今度は脳梗塞を起こし、更に腸が肛門から出て
しまうという状態で、入院を余儀なくされます。当時103歳だった私の祖母は、高齢者
の医療施設に入っていました。私の入院もあり、カミさんは、毎日のように、複数の病
院を回らなくてはなりません。
父が亡くなり、母は入院中で葬儀にも出席できず、父の死を知った時の母の顔は忘れら
れません。そして父の死から8か月後、武蔵野中央病院で療養中だった母が、静かにな
くなりました。一年未満に私は、二度目の喪主をする事になったのです。
更にその年の暮れ、祖母が104歳で亡くなりました。長女である母が、自分より先に亡
くなった事を、祖母はとても悲しんだのを思い出します。
その時に初めて、「次は私の番」と、自分が死ぬことに対して初めて意識したものです。
ところが母が亡くなって2年後、私とは11歳も年の離れた妹が、くも膜下出血で急死し
ます。これで全て、私の周りの家族を失ったのです。私の築いた家族、カミさんと息子
、娘、そして私が、新たな家族を築いていかなければならないのです。
「親死に、子死に、孫が死に」
一休禅師が、豪商の家の結婚式の時に残した言葉です。
これを見た豪商は、「おめでたい席なのに、どういう事だ」と激怒したそうです。
禅師曰く、「順番に死んでいく事が、幸せなことなのだ」と説いたと言います。
この言葉は、私にはとても理解できるのです。自分の娘を亡くした祖母。妹を亡くした
私。息子や娘、これから生まれてくるだろう孫たち。私が元気である限り、私以上に元気で長生きして貰いたいと思っているのです。
病との付き合いは、どれも辛いことが多いのですが、それを看護したり、サポートする
家族たちも大変である事も忘れては行けませんね。

関連記事

no image

痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃から、居酒屋の軒先にホッピーの

記事を読む

no image

痛風で歩くことができない

思わぬ休みが取れたある日にことです。前日に急遽京都への一人旅を決めました。宿泊先をネットで決め、旅行

記事を読む

no image

腎結石、尿管結石除去手術

2005年9月尿路結石の痛みと、父の死で、混乱していた事もあり、その当時のことは、鮮明には覚えていま

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

痛風 ロキソニン 感想

痛風という病は、自分には無縁のものだと思っていました。「風が当たるだけで痛い痛風」と言うことを聞いた

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私です。 尿路結石の激痛を知っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑