*

腎結石、尿管結石除去手術

公開日: : 尿路結石治療方法

2005年9月尿路結石の痛みと、父の死で、混乱していた事もあり、その当時のことは、鮮明には覚えていません。当時の日記がありました。
2005年9月23日の日記より

困った! 治らない。
一昨日夕方、救急で武蔵野赤十字病院で診察を受け、点滴二本と痛み止めのボルタレンを使い何とか帰宅。
ところが夜中に痛みが再発、更に痛み止めを使って、朝方まで持たせた。
昨日は、泌尿器科に受診して、エコーを撮ったが、両の腎臓に数個の石を確認。
痛みが収まっていた事もあり、薬を貰い、再診の日取りを決めて帰ってきた。
しかし、またまた、痛み。
昨夜から痛みが更に増してきた。今こうしていても、この激痛は酷い。
早朝、119番に電話して、石の爆破をしてくれる病院を聞いたが、判らない。
痛みが酷ければ、救急車出しますと言われたが、そこは、グッと我慢。

爆破出来る病院は知っているので、電話してみる。
「そうか、失敗。今日から三連休」と思ったが
明日、泌尿器科の先生が来るので、明日来てくれとのこと。
ひと安心するも、明日までこの痛み、我慢出来るだろうか?

これまでに数回この痛みは味わっている。
今回は、いつもに増しての激痛。
尿酸値が高いので、それで出来た石だと、昨日の医師は言う。
レントゲンには写らない石なので、レントゲンは綺麗なものだった。

さて明日まで、騙しながら過ごさねばならない。
それにしても凄まじい痛さである。
2005年10月1日の日記より
(西窪病院での尿管を広げるための管を入れる手術後です。)

現在 手術後の下半身麻酔の影響で 酷い頭痛の状態。
もう数日は この状態が続くようだ。
安静にして 頭を動かさずにいれば 大丈夫だと言いうのだがすごい頭痛。
長時間のPCは シンドイのでただ横になっているだけ。それにしても麻酔というのはこんなに辛いものか。勘弁してほしい。
2005年11月15日の日記より

11月7日に西窪病院に入院し、当日から準備段階の手術が始まった。
それほど大変な手術だとは思っていないので、気楽な入院だったが、とんでもなかった。

手術の内容から説明しよう。
左の腎臓に3センチ大の結石が確認されている。
数ヶ月前より、血尿があり、尿路の結石は自覚していたが、一ヶ月前より激痛。
その後尿管を広げる管を入れる手術をして、一ヶ月経過。
今回は、
1) 左後部わき腹に穴を開け腎臓まで管を入れる。
2) 尿管よりカメラを入れ、尿管に詰った石を腎臓まで押し上げる。
3) 尿管と腎臓の間で風船を膨らませて、尿管に石が落ちないようにする。
4) レントゲンを見ながら結石を超音波で破砕する。
5) 破砕した結石をわき腹の穴からかき出す。
7日は、そのわき腹からの「穴あけ手術」だった。
部分麻酔だと言うので、さほど気にも留めていなかったが、これが痛い。そりゃぁ腎臓まで穴開けるのだから大変な訳。麻酔は表面では効いていても、腎臓まで効いてる訳じゃないから、ズドンズドンと響いてくる。おまけに声や器具の音が聞こえるし、視覚と聴覚からも痛さが伝わってくる。もう堪らん。30分で終ったが、その時間の長かった事。でもまだ余裕。朝から飯を食わなかったから、
夕食は旨くもない病院食をバクバク食べた。
本ちゃんの手術は、全身麻酔なので無事終了したらしい(笑)気が付いたら、体中にいろいろ付けられて寝ていた。
喉が痛い。
チンチンが痛い。
お腹が痛い。
腰が痛い。
眠れないから夜が長い。いつまで経っても時間が進まない。看護士さんに何回も何回も時間を尋ねる。看護士さんの優しい言葉が嬉しい。
「独身なら結婚しよう」そんな事考えながら寝ている。優しい看護士さんは後日「川尻さん」と判明。
何しろ「おしっこ」が出る。あそこからも腰からも何しろ出る。それは当たり前で、ドンドン出して、残った結石を流さなくてはいけないから。これがアセロラ色。段々と色は変わるが、殆んど真っ赤。いつまで経ってもおしっこするのが辛い。痛いし違和感あるし。やはり結石の成分は「尿酸」らしい。
細かく砕かれて出てきたが、これで半分なんだそうだ。半分と尿路に詰った石は、分析に廻された。何が問題かは、分析結果でわかる。尿路に詰った石は、3個あったらしく、米粒のように角が取れ、白かったという。これは私自身は見ていないが、以前、自然に出た時に見たのと同じようだ。家に帰り、写真を撮るのにビニール袋から開けたのだが、その時「舐めて」みた。無味だった(笑)

まだ、以前に入れた管の除去手術が残っている。嫌だな!

関連記事

no image

尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれるプリン体は、体内に入ると変化し

記事を読む

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

腎臓結石の手術 西窪病院(現武蔵野陽和会病院)

2005年9月24日、5月から入院していた父が亡くなりました。 5月に毎年行われる京都で行われる剣

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

尿路結石の症状

それは本当に突然の事でした。夜明け前に物凄い腹痛が襲ってきて、大の男が悲鳴を上げ程の激痛なのです。早

記事を読む

no image

三大激痛の一つ 激痛の王様 尿路結石

尿路結石の痛みは、経験者でなければ判らないものですが、経験者の方が一様に「耐えられない七転八倒する激

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑