*

腎臓結石の手術 西窪病院(現武蔵野陽和会病院)

公開日: : 尿路結石治療方法

2005年9月24日、5月から入院していた父が亡くなりました。
5月に毎年行われる京都で行われる剣道大会。そこに向かった父が帰京した後に父は体調を崩しました。胃薬等の処方を受け、一度は家に帰りましたが、更なる異変に気が付いたカミさんが、再び病院に連れて行き精密検査を受けると、十二指腸に穴が開いていて、緊急で手術することになりました。順調に手術の後快方に向かっていたのですが、手術の1っ週間後の始めての食事の際、すべて食べたものを嘔吐してしまい、調べた結果、手術後の腸の太さが細すぎて、食べた食物が通過できない事が判り、更に再手術。ところが今度は以前に膝の手術をしていたことがあり、そこから細菌が入り感染症にかかってしまったのです。そして闘病生活に入ります。
当時私は、特殊な施工作業の仕事をしており、毎日違う現場を回る仕事でした。
腰の痛い日が続き、下腹部が痛く、血尿が出たりしたので、尿路結石の再発だと感じていました。それでも薬を飲みながら我慢して仕事をしていました。痛みを我慢する毎日が続きます。
下腹部に違和感があるという事は、常に尿意をもよおしている訳です。慌ててトイレに駆け込んでも尿は出ません。出たとしても、またすぐに尿意をもよおすのです。そんなある日、コロッと結石が出て、その後は嘘のように尿意も痛みも起こらなくなります。
父が入院していたのは武蔵野赤十字病院で、仕事の合間を見て見舞いに行きます。元気な時もあれば、食事が出来ない辛さから、不機嫌で病室にいるのも嫌になる時もあります。
父が入院して2カ月ほどした時の早朝、父の入院する病院から電話が入りました。父が、点滴を無意識に外したため、その針が折れて、体の中に入ったというのです。血中に針が入れば心臓まで針が行ってしまいます。病院に駆けつけると、やはり針は心臓近くまで行っているという事でした。妹夫婦も駆けつけ、これから緊急手術をするという事で、正直亡くなった後にどうするかと話し合ったものです。
緊急で呼ばれた医師の方でしょう、手術室に入るのを、拝む気持ちで待合室のベンチから見送りました。太ももの血管からカテーテルを入れて、心臓まで達した点滴の針を取り出すのです。時間はどれ程かかったか覚えていませんが、手術は成功しました。
意識のなかった父も、意識を取り戻して、いたって元気だったのにはびっくりしたものです。
再び私に下腹部の痛みが襲ってきました。調べなくても血尿である事が判るような尿です。
耐えられないような痛みだったので、西窪病院(現武蔵野陽和会病院)の泌尿器科にかかりました。この病院の泌尿器科は有名です。
何度も尿路結石が発症した事があるため、精密検査を行います。結果的には尿路に大きな石があり、更に腎臓の結石もかなり大きいと診断されました。この時の尿路結石は、内視鏡で取れたのですが、腎臓結石の手術をするように言われます。
父の入院生活も安定しているようなので、腎結石の手術を行うことにしました。朝から入院の準備をしてカミさんと共に西窪病院に向かいました。手術は午後なので、手術前に戻ると言って、カミさんは父の入院している武蔵野製十字病院に向かいました。
午後2時ころに手術前の予備麻酔をする事になっています。午後1時ころカミさんから電話が入りました。「お父さん今亡くなった」と涙声が聞こえてきます。
腎結石の手術の直前の訃報ですから、手術を中止して貰うことにします。
私は長男ですので、葬儀の喪主をしなければなりません。下腹部の痛みを、鎮痛剤のボルタレンの座薬を入れながら、通夜、葬儀をしなければなりません。
予想以上に多くの弔問のお客様が見え、剣道の大先生方のお相手もせねばならず、何とも大変な、痛みの中の葬儀となったのです。
あと1時間亡くなるのが遅れれば、麻酔をかけ始めていますから、とても手術を中断することは出来なかったかも知れません。
そして父の亡くなった2005年9月24日は、一生忘れられない日になったのです。

関連記事

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれるプリン体は、体内に入ると変化し

記事を読む

no image

尿路結石の症状

それは本当に突然の事でした。夜明け前に物凄い腹痛が襲ってきて、大の男が悲鳴を上げ程の激痛なのです。早

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

no image

腎結石、尿管結石除去手術

2005年9月尿路結石の痛みと、父の死で、混乱していた事もあり、その当時のことは、鮮明には覚えていま

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私です。 尿路結石の激痛を知っ

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑