*

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

公開日: : 尿路結石治療方法, 痛風治療方法

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自身もそう考えています。しかし、尿路結石の最初の発症からは既に20年。痛風に関しては、最初の発症と思われる足首の痛みから約10年。どちらも長い付き合いになりました。完治しない理由は、もちろん私自身の責任です。
薬を真面目に飲まない、食事の制限はしない、お酒に関しては、より以上飲むようになっています。当然肥満も解消されません。一時は三桁ごえの110キロと、標準体重から30キロ近くもオーバーしてしまいました。一時期頑張ったダイエットも疎かになり、腹囲も男性基準の80センチから112センチにもなってしまいました。
3年前にダイエットに取り組んだ時は、片道3キロほどの職場までの歩いて通ったりもしましたが、それもいつの間にか面倒なのと辛いので、往復歩きだったのが片道になり、いつの間にかバスに乗るようにもなってしまい、気が付けば歩くことも少なくなっていました。仕事場での歩数を加えて、平均1日20000歩近く歩いていたのが、バスに乗るようになり、3000歩か4000歩ほど歩けば、良いような生活に戻ってしまいました。
ご飯が美味しい、お酒が美味しい、夜は考えもせずお菓子を食べながらネットをする。最悪の肥満道まっしぐらだった訳です。
薬を真面目に飲まない理由は、各症状の痛みを忘れてしまっての事もありますが、毎食後に何種類かの薬を欠かさず飲まなければならない。という行為を忘れてしまうからです。朝は決まった時間に起きて、決まった行動をするので、まず忘れる事は少ないのですが、
職場での昼食時の投薬は、ついつい忘れてしまいます。飲むのを忘れるのと、薬を家に忘れてくる事があるからです。夜はお酒の付き合いもあり、お酒を飲んで忘れる事が多いのです。
今から5年ほど前に、たまたま見ていた週刊誌に、「画期的な新薬登場」という記事がありました。
「痛風、高尿酸血症に40年ぶりの新薬」
それまで私はアプリノール系薬品のザイロリックを服用していました。この記事を読んでその新薬はぜひ飲みたいと思いました。その最大の理由は、1日1錠で良いという事です。それまで毎食後飲まなければならない薬が、1日1回であれば続けられると思ったのです。
更に、腎臓に疾患があると、服用を控えなければならなかったのが、フェブリクを使えば、腎臓疾患があっても使用できるというのです。
現在は定期的に薬の処方をして貰う事もあり、1か月に1回は、主治医のいる春木医院に通院していますが、フェブリクを週刊誌で知ったころは、まだ少し良くなると行かない、また我慢できなくなると通院するという繰り返しで、新薬を頼むのには、少々図々しさを感じていましたから、フェブリクの処方をお願いするまでには、随分と時間がかかりました。
その間に、知り合いの飲み仲間の薬剤師さんに、「何とか手に入らないか」と聞いた事がありますが、やはり処方箋が出ないと無理であり、内緒で販売することなどは出来ないと言われました。一般的な薬屋で買えるような売薬とは違いますので、当たり前な訳です。しかし、その薬剤師さんからは、確かに効果のある新薬である事を再確認させてもらいました。

関連記事

no image

痛風で歩くことができない

思わぬ休みが取れたある日にことです。前日に急遽京都への一人旅を決めました。宿泊先をネットで決め、旅行

記事を読む

no image

高尿酸血症である事を常に意識し始めた

痛風の発作が出た2013年から、尿酸値の数字をとても意識するようになりました。 ネットでもいろいろ

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

痛風 ロキソニン 感想

痛風という病は、自分には無縁のものだと思っていました。「風が当たるだけで痛い痛風」と言うことを聞いた

記事を読む

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃から、居酒屋の軒先にホッピーの

記事を読む

no image

尿路結石の症状

それは本当に突然の事でした。夜明け前に物凄い腹痛が襲ってきて、大の男が悲鳴を上げ程の激痛なのです。早

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑